日本国内で購入できない以上、香港滞在中にしか購入できない宝くじではあるのだが、最大10回先の抽選まで同番号を継続して買うことも可能である。そんなときに注意しなければいけないことがある。それは、

「5百万香港ドル(約7千五百万円)以上の賞金が当たった場合は、翌営業日の業務時間内に香港の当選者ホットライン、電話番号1817(国際電話でも通話可)に名乗りをあげないと当選は無効」

とされていることである。これが、香港の宝くじの当選発表をより盛り上げる一因となることはいうまでもない。

というわけで、ここで簡単に六合彩のルールを紹介したい。ゲームの内容は基本的には1~47までの数字からジョッキークラブに置いてあるマークカードに自分の好きな数字をマークするだけである。

しかし、さすがお金で物事の解決が図ることが多くの場合に可能である香港。賭け金が高額になるのだが、6個だけでなく7個目から15個目までの数字を選ぶことも可能なのだ。当然、当選確率は増えてゆく。7個の数字を選んだ場合の賭け金は35香港ドル(約525円)であるが、15個の数字を選んだ場合は2万5025香港ドル(約37万5千円)もしてしまう。

たくさん数字を選ぶことによって、この宝くじは一大ギャンブルへと変身してしまうのがとても怖いことでもある。この賭け金の高さが香港人の間で六合彩共同購入を促進するきっかけとなることもある。

どうしても数字をたくさん選びたい方で賭け金を押さえたい方は、軸の数字を決めて購入する方法、競馬で言う「ながし」の買い方も可能なのだが、これは非常に複雑なので購入現場でチェックされることをおすすめしたい。

ややっこしくなってしまった。市民に普及している以上簡単な購入方法も当然存在する。次ページではものすごく簡単な購入法と当選の見分け方をご案内し、皆様をより幸運へ近づけるようお手伝いします。下のクリックをお願いします!