知っておきたいハワイの日本語OKの病院、クリニック

楽しいハワイ旅行のために、万一の時の対処法をチェックしておこう

楽しいハワイ旅行のために、万一の時の対処法をチェックしておこう

旅先での病気やケガは、とても不安なもの。特に子連れ旅行の場合、お子さんの体調管理は、出発前からの心配事でしょう。でも、ご安心を。ワイキキには、日本語が通じる医療機関が整っているんです。

INDEX  

まずは、海外旅行保険に加入しよう

保険の有効期間は家を出発してから帰宅まで

保険の有効期間は家を出発してから帰宅まで

日本よりも、そして、全米でも医療費が高いハワイ。治療費だけではなく、入院や手術が必要になった時には、高額な医療費が請求されることに。盲腸の手術で入院したら、総費用約256万円(2012年トリップアドバイザー調べ)。救急車も有料で1回650ドル~。万一に備えて、海外旅行保険には、必ず加入しておきましょう。

海外旅行保険は、事前にウェブサイトから加入しておくのがベスト。家から空港までの道のりも補償の対象となります。クレジットカードに付帯する海外旅行保険を利用する場合は、補償内容と治療費の支払い方法(キャッシュレス受診等)を確認。中には、一番必要とするケガや病気の傷害疾病治療費が低いカードがあるので要注意です。子供の保険や補償の足りない項目は、バラ掛けすると安心。

<関連リンク>

急な発熱、病気、ケガ さぁ、どうする?

火傷のような日焼けや強い冷房による室内外の温度差で体調を崩す人も多い

火傷のような日焼けや強い冷房による室内外の温度差で体調を崩す人も多い

もし、体調を崩してしまったら、まずはホテルのフロントに相談。症状が軽い場合は、フロントにある救急用の薬で対処して様子をみましょう。日本の市販薬は、ホノルル・アラモアナセンター内のくすりのホメオが種類豊富。ワイキキのローソンステーションとミツワ・マーケットプレイス、アラモアナセンター山側のドンキホーテでも日本の風邪薬、鎮痛剤などを扱っています。

回復がみられない時、症状が重い時は、無理せず病院へ。海外旅行保険の現地デスク、クレジットカード会社のオフィスに連絡すれば、日本語が通じる病院や保険が適用される病院を紹介してくれます。パッケージツアー参加者は、ツアーデスクに相談する方法も。

ワイキキには、旅行者向けの緊急対応クリニックがあリ、そちらへ直接電話を入れてもOKです。ワイキキ内の無料送迎サービスや無料タクシーサービスを行うクリニックもあるので、指示を仰ぎましょう。受診手続きに必要な海外旅行保険の契約証と身分証明のパスポートをお忘れなく。

<DATA>
Homeo Health/Medicine(くすりのホメオ)
住所:1450 Ala Moana Blvd.  アラモアナセンター1階海側(Googleマップ
アクセス:ワイキキ・クヒオ通り山側バス停からザ・バス8・19・20・23・42番利用
TEL:808-781-0890
営業時間:月~土曜9:30~21:00 日曜10:00~19:00

Don Quijote(ドンキホーテ)カヘカ店
住所:801 Kaheka St.(Googleマップ
アクセス:ワイキキ・クヒオ通り山側バス停からザ・バス8・19・20・23・42番利用でアラモアナセンター下車後、徒歩約5分。または、2番でセンチュリーセンター先のバス停から徒歩約5分。13番でカピオラニBlvd.×カヘカSt.交差点バス停から徒歩約3分
TEL:808-973-4800
営業時間:24時間 ※医薬品の販売は、薬剤師・登録販売者在勤時のみ

Mitsuwa Marketplace(ミツワ・マーケットプレイス)
住所:2330 Kalakaua Ave. インターナショナル・マーケットプレイス2階(Googleマップ
TEL:808-489-9020
営業時間:9:00~22:00

Lawson Station Hawaii(ローソン・ステーション・ハワイ)
住所:シェラトン・ワイキキモアナサーフライダー ウェスティンリゾート&スパ
営業時間:シェラトン・ワイキキ6:00~25:00、モアナサーフライダー6:00~24:00

≫≫次ページでワイキキ周辺の保険適用日本語クリニックを紹介します!