備えあれば憂いなし! 海外旅行保険の基礎知識

海外旅行先での病気やケガ、盗難など被害にあったときに補償してくれるのが海外旅行保険です。出発前のわずかな負担が、いざというとき役立ちます。転ばぬ先の杖・海外旅行保険のイロハを特集します。
 

海外旅行保険とは 

海外旅行保険に添付される重要事項等説明書は必ず一読を

海外旅行保険に添付される重要事項等説明書は必ず一読を

海外旅行保険は損害保険の一つで、おもに損害保険会社が取り扱います。海外旅行保険は、渡航先や旅行期間、補償の内容等によって保険料が異なります。安心のためのわずかな負担が、いざというとき役立つので、出発前に必ず保険をかけることをおすすめします。

例えば日本では、無料で出動要請ができる救急車も、海外の国や地域ではほとんどが有料。かつ、走行距離に応じて加算されるのが通例……。しかも海外の医療費は驚くほど高額です。盲腸で2泊3日の手術入院にかかる費用の合計は、欧米では200万円以上、アジア各国でも50万円前後が一般的です。これら高額な海外医療費のほか、携行所持品のおもわぬ盗難や破損にも海外旅行保険は適用されます。

支払われる保険金の額は、被害の程度と契約内容によって異なります。多くの損害保険会社は世界にネットワークをもち、日本語で緊急対応にあたるため、言葉の不安もありません。保険証券を提示するだけで、キャッシュレスで対応してもらうこともあります。また、本来は帰国後、保険会社に保険金を請求するのが一般的ですが、在外窓口などでスピーディーに保険金を受け取ることができる場合もあります。

ちなみに、ご自宅を一歩出たときから海外旅行は始まっています。ですから、自宅と空港の往復時にも海外旅行保険は適用されます。 

海外旅行保険のおもな補償の種類と内容

海外旅行保険にはさまざまな補償内容があり、それぞれ料率も異なります。代表的な補償の種類と内容は下記の通りです。

■傷害治療費用
交通事故や転倒などでケガをしたときにかかる治療費を補償します。

■疾病治療費用
病気になったとき、現地の病院でかかった治療費を補償します。

■傷害死亡・後遺障害
ケガが理由で死亡、もしくは後遺症が残った場合に支払われます。

■疾病死亡
病気が原因で死亡した場合に支払われます。

■賠償責任
誤ってホテル客室の物品を壊してしまった、偶然な事故で他人にケガをさせてしまった等の場合、賠償金の支払いを補償します。

■携行品損害
携行品がスリや盗難、火災などにあった場合、また故意ではなく破損してしまった場合などに、限度額の範囲内で損害を補償します。

■入院一時金
ケガや病気で規定の日数以上入院した場合に、入院費用を補償します。

■救援者費用
救援にかかる費用だけでなく、親族らが日本から現地に向かう場合の移動交通費や宿泊滞在費などを補償します。

■航空機寄託手荷物遅延費用
航空会社に預けた手荷物が行方不明になった場合などに、身の回り品などを購入する費用を補償します。

■航空機遅延費用
航空機が遅延もしくは欠航、代替機を利用できないなどの場合、宿泊費や食事代などを補償します。

■留守宅家財盗難
旅行中に留守宅が空き巣などに狙われ盗難にあった場合、その損害を補償します。

■緊急一時帰国費用
旅行で留守をしているときに、日本の家族が危篤になるなど、急きょ帰国が必要な場合の費用を補償します。