5月1日はレイの祭典へ出掛けよう

ハクレイ(花冠)を作る女性。会場ではレイ・メイカーによるデモンストレーションも行われる(写真提供:Hawaii Tourism Authority (HTA) / Tor Johnson)

ハクレイ(花冠)を作る女性。会場ではレイ・メイカーによるデモンストレーションも行われる(写真提供:Hawaii Tourism Authority (HTA) / Tor Johnson)

誕生日や記念日、そして歓迎や別れのシーンで大切な気持ちを「レイ」に託して贈るハワイの人たち。空港やホテルに到着した時、レイで迎えられた人も多いことでしょう。花や葉1つ1つに気持ちを込めて繋げるレイは、アロハスピリットあふれる花の首飾り。そんなハワイの伝統文化レイをたたえる素敵なイベントをご紹介します。

<目次>  

メーデー イズ レイ・デー

フラや人気ミュージシャンのライブも楽しめる(写真提供:Hawaii Tourism Authority (HTA) / Tor Johnson)

フラや人気ミュージシャンのライブも楽しめる(写真提供:Hawaii Tourism Authority (HTA) / Tor Johnson)

古代ハワイでは、植物には神が宿り、それを首にかけることで悪霊を遠ざけることができると信じられていました。歴史を越えて受け継がれてきたレイは、ハワイの大切な伝統文化。毎年5月1日の労働者の日「メーデー」を「レイ・デー (LEI DAY)」と定めてレイをたたえ、さまざまなイベントが行なわれます。
 
年代別に選ばれるレイ・クイーン(写真提供:Hawaii Tourism Authority (HTA) / Tor Johnson)

年代別に選ばれるレイ・クイーン(写真提供:Hawaii Tourism Authority (HTA) / Tor Johnson)

なかでも大きなイベントが、ワイキキの東、カピオラニ公園で行われる「レイ・デー・セレブレーション」。アロハスピリットを伝える能力や語学力、レイ・メイキング、フラなどの厳しい審査によって選ばれたレイ・クイーン&プリンセスの任命式、レイ・コンテスト、フラやハワイアンミュージックなどのライブ・エンターテイメントのほか、レイ・スタンドやフードブースも出店して、1日中楽しむことができるのです。 
 

まさにアート! レイ・コンテストの入賞作品は必見

美しさに感動! コンテストで最優秀市長賞に輝いたレイ。この年のテーマは「The colors of the leis」(レイの色)

美しさに感動! コンテストで最優秀市長賞に輝いたレイ。この年のテーマは「The colors of the leis」(レイの色)

レイ・デー・セレブレーションのメインイベントが、レイ・コンテスト。テーマ部門、カラー部門、ハット・レイ(帽子に飾るレイ)部門、子供の年齢別部門などの各部門に、花や葉、木の実などを使った色とりどりのレイが出展され、審査が行われます。
 
帽子に飾るハット・レイはブーケのようにボリュームたっぷり!

帽子に飾るハット・レイはブーケのようにボリュームたっぷり!

そして、見逃せないのは、午後から一般公開されるコンテストの参加作品展示会。各部門の入賞作品、そして、最も素晴らしいレイに贈る「メイヤーズ・グランド・プライズ (最優秀市長賞)」の美しく芸術的なレイが鑑賞できるんです。

レイ・コンテスト入賞作品

レイ・コンテスト受賞作品を鑑賞する人々(写真提供:Hawaii Tourism Authority (HTA) / Tor Johnson)

レイ・コンテスト受賞作品を鑑賞する人々(写真提供:Hawaii Tourism Authority (HTA) / Tor Johnson)

ハワイ各島のレイ・メイカーが参加して、腕を競うレイ・コンテスト。その作品は、カピオラニ公園に建てられた仮設ギャラリーに展示され、12時30分から一般公開されています。今年のレイをひと目見ようと、ギャラリー前に長い行列ができるほどの人気イベントです。
 
いくつもの花や葉、木の実を糸で通し、結び、編み込んで作られる花束のようなレイ

いくつもの花や葉、木の実を糸で通し、結び、編み込んで作られる花束のようなレイ

作品は、事前に参加登録した人がレイ・デー当日の朝にカピオラニ公園へ持ち込み、午前中に審査が行われます。
 
黄色がテーマカラーのレイ。青リボンが1位、赤リボンが2位、白リボンが3位の作品

黄色がテーマカラーのレイ。青リボンが1位、赤リボンが2位、白リボンが3位の作品

毎年テーマが決められ、それをイメージしたレイを出展するテーマ部門。赤、青、黄色、緑など色別のカラー部門。ハット・レイ部門。そして、5歳以下の小さな子どもたちも参加する子どもの年齢別部門のほか、リボンや毛糸、ビーズなどを使って本物のレイのように編んだリボン・レイ部門もあります。
 
「ウィリ」という技法でブーゲンビリア、小菊、ローズマリー、ヒヤシンスなどを編み込んだ白いレイ

「ウィリ」という技法でブーゲンビリア、小菊、ローズマリー、ヒヤシンスなどを編み込んだ白いレイ

作品の横には、作者名、レイの技法、使用した花材の情報が掲示されています。レイ・メイキングには、おもに6つの技法があり、花の真ん中に糸を通す「クイ(KUI)」が最も基本。ほかに、ヤシの木の繊維に花を巻きつけていく「ウィリ(WILI)」、土台の葉に糸で縫い付ける「フムパパ(HUMUPAPA)」などがあり、コンテストでもよく見かけるので、覚えておくと楽しいですよ。ちなみにコンテスト作品は、翌日5月2日にハワイ王族の霊廟「ロイヤル・モザリウム」(マウナ・アラ)に奉納されます。
 

レイ作りを体験してみよう

旅の思い出に、ハワイの文化に触れてみて

旅の思い出に、ハワイの文化に触れてみて

ワイキキのショッピングセンターや大型ホテル(宿泊者対象)では、レイ・メイキングが体験できる無料レッスンを通年開催しています。花に糸を通すだけの簡単な作業なので、お子さんと一緒にチャレンジしてみては? ショッピングセンターの無料レッスンについては、「ホノルルでハワイアンカルチャーレッスン」記事で紹介しています。


<DATA>
Lei Day Celebration(レイデー・セレブレーション) ※2019年は第92回目
開催日:5月1日9:00~17:30、コンテスト作品展示は12:30~
会場:ワイキキ東、カピオラニ公園(Googleマップ
TEL:808-547-7393


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。