大邱のトッポギ2  シントク

店内はおしゃれなカフェ風。女性同士のお客さんも多いはずです。
1999年に大邱に本店をオープンさせた「シントク」は、現在韓国全土に100軒の店舗を構えるほか、中国にも進出した大人気トッポギ店です。「世界で一番辛いトッポギ」を謳い文句に、幅広い客層を誇ります。スタイリッシュな赤と白を基調とした明るい店内は、こじんまりしたカフェのような雰囲気。女性同士で訪れるお客さんが多いようです。

 
写真上:基本セット(5,000W)は一番の人気メニュー。クルピスという甘い果物ジュースがパック一本ついてきます。写真下:新川駅店。テイクアウトも出来るので、ホテルに持ち帰って夜食にしてもいいかも。
最もベーシックなメニュー、“シントクトッポギ”は“シントク(一番辛い味)(2,000W/126円相当)”“メトク(甘辛味)(2,000W/126円相当)”など、辛さの種類を選択できます。小腹が空いているときは、“シントク(単品2,000W/126円相当)”と“揚げおでん(単品1,000W/126円相当)”、“揚げマンドゥ(単品1,000W/63円相当)”、“クルピス(単品1,500W/95円相当)”がセットになった“基本メニュー(5,000W/315円相当)”がオススメ。

揚げおでんや揚げマンドゥを、トッポキと一緒にコチュジャンソースに浸して食べると美味しいですよ。コチュジャンソースは舌がじんとしびれてくるような辛さがあるものの、甘みがしっかり効いているので、甘い果物ジュースのクルピスがあれば最後まで食べきれるかも! ソウルにも店舗がたくさんありますが、地下鉄の利用が便利な3軒をピックアップしました。

<DATA>
■シントク
漢城大入口駅店
住所:ソウル市城北区三仙洞1-51 
TEL:02-764-0174
営業時間:11:30~22:30
定休日:日曜
アクセス:漢城大入口駅3番出口から漢城大学方面に100メートル直進、右手

■新川駅店
住所:ソウル市松坡本洞213-56 
TEL:02-420-8333
営業時間:10:30~22:30
定休日:第一、第三週の月曜日
アクセス:新川駅4番出口を出て、アディダスのある路地を左折、100メートル直進。アンギョンマウルの建物を左折、右手すぐ

■阿?店(テイクアウト専門店)
住所:ソウル市西大門区北阿?1-134-28  1階
TEL:02-312-1838
営業時間:10:00~22:00
定休日:年中無休
アクセス:地下鉄2号線 阿?駅1番出口を出て50メートル直進、右手すぐ

次のページでは、涙なしには食べられない、超辛い鍋スタイルのトッポギをご紹介します。
※100円=1527.33ウォン(2009年2月3日現在)