トッポギと海産物の出会い。今流行の“ヘムルトクチム”

大人気のヘムルトクチムは、海産物もたっぷり入った豪華な料理。激辛が苦手な方は、辛さを減らしたマイルド味を注文してください。
トッポギ大好き!海鮮料理も大好き!という方に超オススメなのが“ヘムルトクチム(中・23,000W(1450円相当)/小・15,000W(945円相当)”という海産物の中にトッポギが入った料理です。材料となるのは、ぷりぷりの海老や蟹、貽貝、イカ、タコなどの海産物とキクラゲ、竹の子、キャベツ、チンゲンサイ、えのきなどの野菜、かまぼこなどの練り製品におでん、そしてトッポキです。これらの具材に甘辛の特製ソースを加えて炒めれば……絶品激辛料理の出来上がりです。

 
アックジョン本店は、食事時間にもなるとお客さんでいっぱいです。スタイリッシュな外観もステキです。
ヘムルトクチムは2007年頃から、大学生や20~30代の女性会社員を中心に流行し、今まさにトレンドの食べ物です。「ヘムルトクチム0410」は、一番最初にヘムルトクチムを生み出した元祖店。全国に50店舗以上も展開する人気チェーン店です。

 
おいしさの秘密はこの炎。かなり迫力があります。厨房の様子も見学してみてください。
調理のポイントは、短時間の間に強い火で炒めあげ風味を閉じ込めることです。調理場はホールからも見ることができるようガラス張りになっているので、フライパンの上で炎が吹き上がる様子を見ることができるのも面白いですよ。

甘辛スープがしっかり染み込んだ具材は、口に入れた瞬間甘い香りと風味で包まれますが、すぐにピリリとスパイシーな味が広がります。3口食べればもう口の中はヒリヒリ!でも不思議なのは食べれば食べるほどその辛さに取り付かれてしまうこと。海鮮などの具と隠し味のにんにくが効いたスープは、辛いもの好きには絶品です。韓国ではあついスープ料理や辛いものを食べる時、「シオナダ(涼しい、さっぱりする)」という表現を使いますが、額に汗を浮かべながら食べるあつあつの激辛ヘムルトクチムは、まさにシオナダ!

 

しめはボックンバで決まりです。スープの旨みが染みたご飯は絶品です。
海産物とトッポギを全部食べたら終わり……!?ではありません。残ったスープにご飯と海苔、トビウオの卵を入れてボックンバ(焼き飯/2000W/126円相当)を作ってもらえます。甘辛スープのダシがきいたコクのある味と、トビウオの卵のぷつぷつした感触が美味しいですよ。

トッポギだけで食べるのも美味しいですが、海産物やスープと一緒に食べるグレードアップしたトッポギ料理。是非食べて欲しい一品です。

<DATA>
■ヘムルトクチム0410
住所:ソウル市江南区新砂洞663-8
TEL:02-541-6835
営業時間:12:00~22:00
定休日:旧盆、旧正月(各当日1日ずつ)
アクセス:地下鉄3号線アックジョン駅下車。ギャラリア百貨店の反対側の道、鴨?亭ロデオ通り方面へ下る。左手MLBのある路地を左折、50メートルほど進み右手側

個性溢れるトッポギの数々、いかがでしたか? 日本までお持ち帰りはできませんが、果敢にトライしてお友達へのお土産話にしてもいいかも! 是非是非一度お試しください。

※100円=1527.33ウォン(2009年2月3日現在)

<関連記事>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。