つぶらな瞳がかわいい野生のイルカ
かわいい動物達と接触することで、人間は癒しの効果を得ることができるといわれています。こうしたいわゆる、アニマル・テラピーと呼ばれるものの中でも、最も研究が進み、その効果も高いと期待されているのがドルフィン・テラピー=イルカ療法です。

イルカと触れ合うことで、自閉症やうつが改善された例も少なくありません。また最近では、ガンや交通事故後遺症、アトピーなどへの効果も期待できると、さらなる研究が行われているそうです。

なぜ、イルカと泳ぐことで人は癒されるのか?その謎を探るべく、ほぼ100%の高確率で野生のイルカと一緒に泳ぐことができる西オーストラリア・ロッキンガムのドルフィン・スイムをガイドが体験。そのすべてをご報告します!

≪INDEX≫
  • イルカと泳ぐことで癒される、その理由
  • ほぼ100%の高確率で野生のイルカと泳げるロッキンガム
  • なんとも言えない不思議な感覚が、自分の中の何かを変える?!
  • ドルフィン・スイムの注意点とシーズンについて
  • データ詳細

    西オーストラリア州ロッキンガムのある美しいインド洋の海は水の透明度も抜群!


    イルカと泳ぐことで癒される、その理由

    海洋性哺乳類であるイルカ
    人間は、水の中を漂うことでリラックス感を得ることができます。イルカは人間と同じく哺乳類でありながら海洋性動物。イルカと共に水中にいることで、アクア・テラピーと呼ばれる“水の癒し効果”も期待できるのが、ドルフィン・スイム一番の特徴だと言われています。

    また、イルカはコミュニケーションの手段として、超音波を出すとされています。その超音波が、人間がリラックスした時に出るアルファ波の増加を促進するという研究結果もあり、音波を受け取ることで緊張から解き放たれ、自主治癒力を高めるのではないかという説もあります。

    そのほかにも、イルカは傷ついたり、弱っている仲間を本能的にかばう性質もあると言われています。病気や怪我をした者を素早く察知し、支えるという行動を人間に対してもやってくれているという見方もあるようです。

    しかし、それらだけで科学的に証明することは非常に難しく、「イルカによって治癒する」ことを完全に説明することはできません。しかし実際に数え切れない人たちがイルカとのコミュニケーションによって治癒していることは事実。単なる偶然として片付けられないのです。

    今回、自分自身が実際に野生のイルカ達と泳いでみることで、本当の理由が少し見えてきたような気がしました。それは、なんとも言えない不思議な感覚…。次のページでは、まずロッキンガムのドルフィン・スイムがどのように行われているのか?を詳しくご紹介します。