クーパーズ

SA(南オーストラリア)州のおすすめビール

南オーストラリア州を代表するビール『クーパーズ』は、オーストラリアで飲み忘れちゃならないビールのひとつ!この『クーパーズ』にも何種類かあるけれど、『オリジナル・ペール・エール』が一番人気。ちょっぴりフルーティでありながら力強いフレーバーが特徴。オーストラリアのアウトバック開拓をした人々が、こんなビールを飲んで頑張っていたのかな?なんて、想像させてくれる昔ながらのエール・タイプのビールです。実は、オーストラリアならではのフィッシュ&チップス(のフィッシュ)=ビア・バタード・フィッシュは、このビールで溶いた粉をつけて揚げるのが最高においしいのだとか♪

そして、アイルランドのギネスなどに代表されるような、濃色でアルコール度の高い上面発酵ビールが好みの方には、『サウス・ウォーク・スタウト』がおすすめ!アルコール度数7.4%とかなりキツいですが、40年間も変わらずに昔ながらの英国式製法のレシピで作られ、何度も国際ビール・ショーで優勝している極上スタウト(ビール)です。

また、ラガーがお好みなら『サウスウォーク・ビター』をどうぞ♪南オーストラリアで一番ポピュラーなラガー・ビールです。

ビール銘柄 種類 アルコール度 “生”の有無
Coopers Original Pale Ale  クーパーズ・オリジナル・ペール・エール ペール・エール 4.5%

Southwark Stout サウスウォーク・スタウト

スタウト 7.4% ビンのみ
Southwark Bitter  サウスウォーク・ビター ビター・ラガー 4.5%

南オーストラリアへ旅したくなったら…


 
カスケード

TAS(タスマニア)州のおすすめビール

タスマニア州を代表するビールといえば、絶滅したと言われるタスマニアン・タイガーの絵柄で人気の『カスケード・プレミアム』。キリっとした喉ごしとほろ苦さがビール好きに評判のビールです。オーストラリアでトップ3プレミアム・ビールといえば、VIC州の『クラウン・ラガー』とNSW州の『ハーン・プレミアム』、そして、この『カスケード・プレミアム』。海外ファンも多く、各種コンペでも金メダルを受賞しているほど。

 
ボアグス

そして、タスマニア島北の玄関口ロンセストンにあるブリュワリーで、1881年から作られているビールが『ボアグス』。ヨーロッパの伝統的な製法で作られるラガー・ビールは、地元ファン多し!中でも『プレミアム』が人気。小さなローカル・ブリュワリーながら、国際食品ショーであるモンド・セレクションの金賞を1995年からずっと(今年も!)続けて受賞している実力派ビールです。

タスマニアのビールは、どれも比較的アルコール度が高めの傾向あり。

ビール銘柄 種類 アルコール度 “生”の有無
Cascade Premium カスケード・プレミアム プレミアム・ラガー 5.2%

Boags Premium  ボアグス・プレミアム

プレミアム・ラガー 5.0%

タスマニアへ旅したくなったら…

◆オーストラリアで地ビール三昧・州別インデックス◆

■続いては、西オーストラリア州とノーザンテリトリーのビールをご紹介!
世界最大ビールも!! →