本場よりウマイと評判!本格イタリアン・ジェラート店

本場イタリアより美味しいと評判の店もあるシドニーのアイスクリーム・ショップ(ジェラテリア)。イタリア系移民のオーナーが心を込めて作る、ナチュラル志向のアイスクリームが人気。海外からアイスクリーム職人が修行に来たり、海外へ進出した店も!

Bar Italia
/
バー・イタリア

*イタリア系カフェ(バール)
DATA

住所:169-171 Norton Street, Leichhardt
電話:(02) 9560-9981


ナッツ系とイタリアンなフレーバーがおすすめの本格イタリアン・ジェラート  A$4~5

<おすすめフレーバー>
 ・ピスタチオ
 ・パンナコッタ
 ・マンゴ

シドニーのイタリア人街「ライカート」 の有名バール。とくにアイスクリーム(ジェラート)がウマイと評判で、あのトム・クルーズやキアヌ・リーブス も食べたとか。オーナーももちろんイタリア系で、イタリア語やイタリア訛りの英語が飛び交い、しばしイタリアに行ったような気分になれることウケアイ。

シティ中心部からの簡単な行き方
シドニー中心部からバス468, 470で、ライカートのノートン・ストリート下車。


De Luca Cremeria
/
デ・ルカ・クレメリア

*イタリア系ジェラテリア

DATA

住所:106 Norton Street, Leichhardt
電話:(02) 9560-9981


オーストラリアらしいフレーバーも充実の本格イタリアン・ジェラート  A$3~5

<おすすめフレーバー>
 ・ワトルシード
 ・ローズペタル
 ・パンナコッタ

シドニーのイタリア人街「ライカート」 にある、海外からアイスクリーム職人が修行にやってくるほどの有名ジェラート・ショップ。最近人気なのは、オーストラリアならではの、アボリジニが食用にしている木の実や草花などを使ったフレーバー。素材や製法には人一倍こだわりを持つオーナーが作る手作りアイスクリームは、ナチュラル志向の人達やダイエット志向の人達にも人気で、本場のイタリアものより美味しいという人も。

シティ中心部からの簡単な行き方
シドニー中心部からバス468, 470で、ライカートのノートン・ストリート下車。


Gelatissimo
/
ジェラティッシモ

*イタリア系ジェラテリア

DATA

住所:106 King Street , 他、オーストラリア各所
電話:(02) 9560-9981


各所にあって便利!フレーバー(種類)の多さで人気急上昇のイタリアン・ジェラート  A$3~5

<おすすめフレーバー>
 ・パパイヤ・エ・セドロ(パパイヤ&ライム)
 ・バナナ
 ・メロン
 ・クレームキャラメル(プリン味)

ここ2年ほどでオーストラリア各地に進出し、急激に人気を博しているアイスクリーム・ショップ。いろいろなところで見かけるので、気軽に立ち寄れるのが便利。基本的には、イタリアン・ジェラートで、多種多様なフレーバーがウリ。ちょっと変わったフレーバーもあるので、一度お試しあれ!店内にテーブルのあるショップは、中で食べるのと持ち帰り(テイク・アウェイ)では、値段が違うので注意して。

シティ中心部からの簡単な行き方
キング・ストリート店はシドニー中心部。サーキュラー・キーにもスタンド・ショップがある。


Gelato Messina
/
ジェラート・メッシーナ

*イタリア系ジェラテリア

DATA

住所:241 Victoria Street Darlinghurst , 他、NSW州各所
電話:(02) 8354-1223


アジアン・フルーツを使ったフレーバーも人気の南イタリア風本格ジェラート  A$3~5

<おすすめフレーバー>
 ・ココナツ
 ・ライチー
 ・ヘーゼルナッツ

シドニーでは結構以前から有名なジェラテリア。南イタリア出身のオーナーが作り始めたアイスクリームは、たちまち人気となり、いくつもの支店ができたほど。アジアのフルーツを使ったフレーバーなど、他ではちょっと見かけないフレーバーもあって、なかなかおすすめ!

シティ中心部からの簡単な行き方
本店はちょっと行きにくいかもしれないので、他の市内中心部のショップがおすすめ。ダーリングハーバーのキング・ストリート・ワーフ、チャイナタウンなどにある。


■オーストラリアのアイスクリームについて
知ってるとちょっと得する !? コラム(笑)
OZアイスクリーム"ど"勝手コラム たった30円の幸せ…♪』→

注意)記事内でご紹介した値段等は、2004/6月時点のものです。<おすすめフレーバー>は、ガイドの個人的好みがたぶんに入っています(笑)。また、フレーバーは季節や仕入れにによって変わりますので、絶対あるというわけではありませんので、ご了承の程を


※このページで使用しているアイス・アイコンは「NOM's FOODS iLLUSTRATED」さんにお借りしました。