* カフェを利用しよう!
 * カフェのメニュー徹底攻略法
 * シドニーのおすすめカフェ案内


カフェを利用しよう!

「パリよりもカフェが多くある」といわれるほど、市内を歩いていると至る所にカフェがあるシドニー。この「カフェがたくさんある」というのは、何もシドニーだけに限ったわけではなく、オーストラリアの主要都市にはどこでもたくさんのカフェがあり、ヨーロッパ風の洒落たオープンエア・カフェも多いのだ。

オージー達も皆カフェが大好きで、仕事の休憩や友達との待ち合わせはもちろん、ランチタイムや休みの日までもカフェに繰り出しては、コーヒーや紅茶で一服しながらくつろいでいる。

オーストラリアのカフェではコーヒー系の飲み物が人気で、メニューには十数種類もの「コーヒー系」が並んでいることが多い。こんな有様を紅茶好きのイギリス人達は、ちょっとヒニクを込めて「Caffeine culture(カフェイン文化)」と呼ぶほど(笑)。

しかし、この「たくさんの種類がある」というのが旅行者にとってはちょっと厄介…。なぜならば、単にコーヒー豆の種類ってわけじゃないうえに、一体どのコーヒーがどんなものなのかちょっと想像がつきにくいからだ。

例えばアイスコーヒーが飲みたい場合、メニューに「Iced Coffee」とあるからといって、それを頼んでも日本のようなアイスコーヒーにはありつけないし、カフェに入って、ただ「コーヒー プリーズ」と叫んでも、オーストラリアのカフェでは通用しない。その後に、必ず「どのコーヒーにしますか?」と聞き返されるのがオチだし、「ロングかショートか?」なんて言われても、「髪を切るわけじゃないんだし…」と困ってしまうんじゃないかと思う。

シドニー・サーキュラーキーのカフェ

そこで、“一発でカッコよく”オーダーをキメるために、オーストラリアのカフェで飲めるコーヒー系の飲み物を徹底解析。これさえ読めば、英語なんか喋れなくたってへっちゃら!気分はすっかり常連さん(?!)。