犬も歩けばバールTabacchiにあたる?!

photo by SAWA pasqua
イタリア式コンビニ雑貨部門がタバッキです
というわけで、イタリアのコンビニよろしく街のいたるところにあるタバッキ。バールとセットでイタリアのコンビニ風便利スポットとなります。

バールがコンビニ飲食部門なら、タバッキは雑貨部門。バールとタバッキが一緒になっているところも多いです。

  • イタリアのコンビニ?バール利用術

    タバッキTabacchiは、イタリア語のタバコ Tabacco(タバッコ)の複数形が語源のように、要はタバコ屋サン。ちなみに、紙巻の普通のタバコはSigaretta(シガレッタ)です。タバコの葉のことなんですね、タバッコは。

    photo by SAWA pasqua
    趣のある黒タイプの旧式看板
    看板には黒と青があり、Tマークがついています。黒は旧式のタイプで、よく見ると「SALI E TABACCHI, VAL.BOLLATI」と書かれています。これは、「塩・タバコ・収入印紙」の意味。かつて、これらの商品が政府の専売だった頃の名残です。免許を持ってこれらの商品を売っていたんですね。

    青いマークは最近のもので、このマークがあるお店には店外にタバコの自動販売機があります。なんと!イタリアにもそんな最新機器(ぷっ!)があるんですねぇ。とっても使いにくいのでおススメはしません。自動販売機ごと盗まれるのを防ぐため、折のような格子の中に入っています。ほんっとに使いにくいですが、話のタネにチャレンジしてみるのもよろしいでしょう。

    タバッキが閉まっている時間帯でも自動販売機は作動しています。イタリア人に言わせると、「黒いマークだと夜中に見えないからじゃない?青いのは。」だそうですが、定かではありません(笑)。

    さて、イタリアのシステムの悪口(?)はこの辺にして、次ページでは
    タバッキでは何が買えるの? をご紹介します。我が家の近所のタバッキのおばさんも登場!