タバッキは、イタリアのコンビニ雑貨部門

タバッキとはイタリア版のコンビニ
イタリア式コンビニ雑貨部門タバッキ
イタリアのコンビニよろしく街のいたるところに見つかるタバッキ Tabacchi。いわゆるタバコ屋さんのことですが、日常使う雑貨も扱うまあまあ便利なショップでもあります。

コーヒーの立ち飲みスタンド”バール BAR"がコンビニ飲食部門なら、タバッキは雑貨部門。電気代やガス代の支払いができるところもあります。

【関連記事】  
photo by SAWA pasqua
趣のある黒タイプの旧式看板
タバッキの看板は、頭文字のTマーク。黒と青があります。

黒は旧式のタイプで、よく見ると「SALI E TABACCHI, VAL.BOLLATI」と書かれています。これは、塩・タバコ・収入印紙の意味で、かつて専売だった頃の名残です。青はそれ以降のもの。

タバッキにはタバコの自動販売機もあり、24時間稼働しています。
 

タバッキは旅行者にも便利! 地下鉄やバスの切符も購入可能

photo by SAWA pasqua
昔ながらのタバッキ内部。昭和を感じさせる薄暗さと微妙な品揃えに味があります

扱っている商品はタバコの他、ノートや電池、はがき、ペンや消しゴム、ガムテープ、瞬間接着剤などのステーショナリー系から、なんとシャンプー、髭剃り、歯ブラシ、糸や針などの生活雑貨、おもちゃ、バトミントンなど遊具まで!
 
photo by SAWA pasqua
絵葉書や切手も売っているタバッキも
新聞、雑誌を揃えるキオスクの機能やバールを兼ねている店舗もあります。それぞれお店に個性があり、ロトやトトカルチョも販売し、市民(特にご年配)の憩いの場になっている場合も。

旅行者にとっても欠かせません。なぜなら、地下鉄・バスの切符も買えるから。駅周辺の自動販売機は壊れていることも多いので、タバッキでまとめて買っておくのも、旅のひとつのコツです。

営業時間には、だいたい朝(8時頃)から夜(20時頃まで)。お店によっては終日・祝日も営業していたり、場所によっては深夜営業をしている店もあります。

イタリア人には、たいていご近所に行きつけのタバッキが数軒あるもの。地元っぽい人に「タバッキはどこですか?」と聞けば、近くの店を教えてくれるはずです。

タバッキの便利さは、数軒で日本のコンビニ1軒分に相当するかしないかと言った感じですが、イタリアを旅行するなら、タバッキの存在を覚えておけば、何かしら役に立つでしょう。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。