路地裏に佇むトラットリア

写真をクリックすると次の写真に進みます
昼時、夜のピーク時は行列ができる人気店「Da Enzo」

ローマの下町、トラステヴェレ。石畳の細い路地が入り組んだ、いかにもイタリア~な香りを漂わせるエリアですが、ここには、地元人たちが足しげく通うトラットリアがひしめいてます。

と言っても、昨今は、観光客も先刻承知。地元人ばかりで気後れする~なんてことは決してなくなってきているので大丈夫。地元人率の割合が高いけれども、観光客もいて入りやすい。そんなトラットリアには、旅行中、ぜひ一度は行くべきであります。

さて、今回ご紹介するトラットリアは、ローマ人の間でも食いしん坊に知られる店「Da Enzoダ・エンツォ」。絶品のローマ料理が食べられる食堂風のコテコテトラットリアです。

ローマのトラットリアは(主観ではありますが)、得てしてムラが多いもの。ムラ・・・とは、「あの店はパスタは美味しいけど、セコンドがイマイチ。」だったり、「トリッパは美味しいんだけど、ポルペッタがまずい。」と言った具合に、あれは美味しいけど、あれはまずい。なんてことが平気であるわけ。そりゃあ、得意料理ってものが誰しもあるかと思いますが、料理屋なのに?!

そうなんですね、ローマのトラットリアは全部のメニューが平均して美味しいという店は、結構マレ(笑)。その代わり、「あそこのあれ」となったら、もう、世界最強!ってなくらい美味しい。だから、ローマのトラットリアでは、「あそこのあれ」「ここのそれ」とメニュー別に訪れるのがツウなのです。

というわけで・・・・「ダ・エンツォ」は、何が美味しいか?ふふん。その答えは次ページ!

次のページでは、世界一美味しい「あれ」を食べよう!