フィレンツェから電車で約13分

photo by SAWA pasqua
中世の町フィレンツェはイタリア4大都市のひとつ。近くの田舎に滞在しながら、田舎&フィレンツェの両方をまとめて楽しむ方法もオススメです。
フィレンツェを州都とするトスカーナ州は、イタリアを代表する美しい田園風景があるところ。広いトスカーナ州を存分に満喫するためには、車が必要になりますが、フィレンツェから電車で行ける田舎町もたくさんあります。

今回ご紹介する「ヴィッラ・イル・パラディジーノ(小さなパラダイス)」は、フィレンツェから普通列車でたったの13分!セスト・フィオレンティーノという小さな田舎町にあります。東京駅から品川駅位、つまり山の手線圏内の距離感。こちらに滞在しながら、フィレンツェに遊びに行くことも可能です。普段の通勤時間より短いかもしれません?!


その名も「小さなパラダイス」

photo by SAWA pasqua
フィレンツェからたった13分で、自然が満喫できる小さな町セスト・フィオレンティーノ。ブドウ、オリーブをはじめ、果物や野菜がなんと50種類以上も栽培されているアグリツーリズモの庭は、まさに天国かも。
のんびりとした田舎町セスト・フィオレンティーノは、豊かな自然に囲まれた治安のいい小さな小さな町。駅から車(到着日出発日の送迎は無料)で5分、徒歩で12分の場所に、このヴィッラ・イル・パラディジーノはあります。

石造りの門をくぐると、そこは小さなパラダイス。この「イル・パラディジーノ」は、1500年代にお屋敷が作られたときにつけられた名前だそうです。季節の花々が咲き乱れる庭には、芳しい花の香りが漂い、500年経た今も、名前がつけられた当時のパラダイスの赴きが残されています。

こちらのアグリツーリズモを経営するのは、ベッローニ家の皆さん。お父さんのクリスティアーノさんは、定年までフィレンツェの銀行に勤めた元サラリーマン。結婚30年を超える奥さんと娘のコスタンツァさんと一緒に、2年前からこのアグリツーリズモ経営に乗り出しました。敷地内にあるお屋敷は彼らの自宅ですが、料理レッスンや食事の際には中を見学することができます。

photo by SAWA pasqua
各アパルタメントの家具も、代々伝わるアンティーク。
500年前からの増改築されていないお屋敷の内部は、まるで博物館。3mは超える高い天井の広々としたダイニング・キッチンに、ガスでも電気でもない1800年代の薪のコンロ、大理石の流し台、重厚な木製の調理台が置かれ、今も現役で使われています。家族が代々大切に使ってきたアンティークがいたるところに見つかり、家族の歴史や伝統を大切にするイタリア文化の真髄を感じることができます。間取りも複雑!トイレに立つときに迷いそうでした。


次のページでは料理レッスンやウェルカムディナーも!