神聖さを秘めた中世美術にうっとり!

ユニコーンを描いたタペストリーは数点展示されています。
ザ・クロイスターズは中世のアートと建築美に特化した美術館。5,000を超える所蔵品は、12~15世紀のヨーロッパの作品が中心です。必見の傑作は、タペストリー『The Hunt of the Unicorn』。その意味や目的は未だ謎に包まれており、緻密に織り上げられたタペストリーは圧巻です。

いかにも中世ヨーロッパといった趣の回廊。
ザ・クロイスターズは、5つの回廊によって構成されており、その様式美もここの魅力の一つ。流れるように滑らかなアーチに優雅な装飾が施され、現代建築にも継承される美しさは、何とも言えないものがあります。

5月から10月はカフェもオープン。軽食もいただけるんですよ。
ハドソン川を見渡すことができるガーデンには、季節の花々が植えられており建物の美しさをさらに引き立てます。5月から10月の間は、午後1時から無料のガーデンツアーがあり、植物だけでなく歴史や建築についても総括的にレクチャーしてくれるんですよ。

こちらは秋の様子。紅葉のスポットとして名高いんですよ。
さらに、歴史と芸術を堪能したら周りを散策するのもお忘れなく。新緑の春と紅葉の秋は、ここの木立の間を歩くのに最高の季節です。夕陽の沈む頃は、特にカップルが多いんですよ!

<DATA>
The Cloistersザ・クロイスターズ
  • 所在地: 99 Margaret Corbin Drive
    Fort Tryon Park

  • 電話: 212-923-3700

  • 行き方: Madison AvenueからM4バスで終点The Cloisters下車

  • 入場料: $20(任意料金)、同日のメトロポリタン美術館の入場バッチ提示で無料

さて、ザ・クロイスターズいかがでしたか? ウェディングパーティー会場としても人気が高く、ガイドも個人的にここの回廊でドレスが着たい! と思っています(笑)。優れた芸術品をゆっくり静かに鑑賞できるここは、大人のカップルにおススメです。

<関連リンク>


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。