ガイドお勧め! ハンプトンの過ごし方

さて、別世界の話に疲れたところで、気軽に一般客が訪れることができるハンプトン観光プランをご紹介しましょう。

オーシャン・ビューのデッキつきのお部屋は、やはり人気。
別荘なんて持っていなくても、ハンプトンは十分楽しめます! 宿泊はホテルやB&Bが充実しているので、予算やエリアに応じて選びましょう。ベッドルーム+リビングルームのような、コテージ風の宿泊所が多く、長期滞在に最適です。夏のハイシーズン時はレートも高めですが、1泊$100前後のところもあります。

映画「恋愛適齢期」は、ここが舞台に。写真:Columbia Pictures
朝食は人気のレストランでパンケーキなどを堪能し、その後はビーチへ。映画「恋愛適齢期」で登場した真っ白な砂浜が広がります。何万人もの人で埋め尽くされた日本の海は一体何なのか……思わずその静けさに戸惑ってしまいます(笑)。

遠くから眺めても絵になるモントークの灯台。
ビーチでたっぷりリラックスしたら、モントークにある灯台へ。ここは、全米で現在稼働している灯台のうち、4番目に長い歴史を誇ります。ロングアイランドの半島の再南端にあるため、青い海と果てしなく広がる空を見渡すことができます。

この甘酸っぱいブドウから、芳香なワインに……。
もしも時間があれば、ロングアイランドのワイナリーもおすすめです。ワインの土壌としてはまだ若い土地ですが、フルーティーな味わいのワインを生産しています。家族経営のアットホームなワイナリーから、現代的なお洒落なワイナリーまで、タイプは様々。ツアーもあるので、足を延ばしてみてください。ブドウ畑を前に、夏の陽射しの中いただく冷たい白ワインは最高ですよ!

さて、ハンプトンの魅力を感じ取っていただけましたでしょうか? 超高層ビルが立ち並ぶマンハッタンだけがNYではありません。旅行日程に余裕のある方は、この夏ぜひハンプトン・デビューを飾ってみて下さい。ここの上品な街並みと美しいビーチは、大人のためのリゾートです。

<関連リンク>
  • アメリカ最初のビーチリゾートへ小旅行

  • 海外のビーチリゾートで事件? all about「ビーチリゾート」ガイド記事

  • ■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
    回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
    ※2021/7/1~2021/7/31まで

    ・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
    抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

    ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。