秋になるとNYでのファミリーイベントで話題になるのがアップルピッキング。早速、私も長男をつれてアップルピッキングへ!

マンハッタンからも近い農園

アップル
雹に負けなかったアップル
今回行ったウィルケンスファームは、私の住むウェストチェスターから車で30分ほど。マンハッタンからでも、そう遠くない農園だろう。お天気のいい日なので大混雑だった。入り口でビニール袋を渡されるのだが、そこには長い列、自分の番がくると「好きなところでアップルを取ってきてください」と言われるだけ。それぞれが歩き回って思い思いにアップルを袋に詰めていくのである。

フィールドは、そんなに大きくなかったので歩いてまわるのには、最適だった。ストローラーに乗った子供づれでも問題なし。たくさんの人がベイビーも連れてきていた。

ヘイライドでカントリーな気分に!

ヘイライド
子供たちはヘイライドに大はしゃぎ
お楽しみに、ヘイライドもある。ヘイライドとは、藁積荷馬車の後ろに乗ってフィールドを移動する。近距離だけど、一瞬でもアメリカのカントリーな気分にひたれるのだ。なんとなく私は思わずアメリカンカントリーミュージックの大御所ウィリーネルソンの曲を口ずさんでいた。

さてさてアップルはというと、すでに雹がふったらしく、ほとんどが地面に落ちていた。それでもショップで買って帰ったアップルは、近所のスーパーでは買えない新鮮で美味なもの。ジャムやアップルドーナツなども人気らしい。アップルサイダーは冬にはホットで飲むと美味しいとか。

パンプキン
フィールドいっぱいに広がるハロゥイン用パンプキン
ここではハロウィン用のオレンジ色のパンプキンやクリスマスツリーも入手できる。アップルピッキングだけでなく、これからは紅葉見物に最適。マンハッタン在住の方は、車をレンタルしてでも、デートに行楽にドライブをお勧めする。紅葉はすでに始まっていて、今月末までが一番美しいだろう。

アップルピッキングのできる農園は、今回紹介した場所だけではないのでチェックしてみよう!NY州近郊でアップルピッキングできるエリアを検索


【関連記事】
  • ブロンクスのボタニカルガーデン

  • 今や観光スポットになりつつあるチェルシーマーケット

  • Maritime Aquarium in CT子供も喜ぶ浦島気分の水族館!

  • ストーン・バーンズはまるで日本の阿蘇!NY郊外の牧場でスローフード体験
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。