●クィーンズイングリッシュの苦悩

「ビザを取るならロンドンの大使館で!って、いうくらいあっさり取れたんですよE-2ビザ。だって申請してから2日後にはスタンプをもらったんだもの。Eビザの条件の一つに、同じ職種に長く従事していることとあるのですが、それはシステムの仕事に9年間従事していたおかげです。

ビザを取得後、すぐに学校をやめてニューヨークへ移住して、働き始めました。

ロンドンからニューヨークへ来ると、まず英語がわからなくて大変だったんです。ロンドンのアクセントに慣れてしまっていると、グランドセントラル駅MTA で案内やってる黒人のおばちゃんが話す英語とか、さっぱりわからない(笑)。

住商コンピューターに入った当初は、知人もいないし、仕事もたいして面白くなくて、落ち込んでました。ニューヨーク暮らしの方も、ロンドンから直に来ちゃったせいか、ヨーロピアンに比べるとニューヨーカーの粗が見えちゃって・・・。

ニューヨーカーって、みんな不親切だし、自己主張がはっきりしてるせいか大声でいつも文句いってるし、電車に乗るのだって、人を押しのけて我先にって人がたくさんいる。ロンドンにはいなかったタイプの人が多いんです。」


あっ、それって、私がニューヨークから日本に帰ると、日本人の粗が見えるのと同じかも。駅などで、オヤジがカバンごとぶつかってきても謝らないし。オバチャンたちが人を押しのけてバスに我先に乗ったり。席も譲りあいっていうより、奪いあいだし。

アメリカでは人とすれ違うときにさえエクスキューズミーの言葉を欠かさない。とはいえ、たまに「どけよ!」ってドスのきいたアクセントのエクスキューズミーがあったりしてムカつくけど。

さてさて特殊なシステムのキャリア<後編>は、出会い系サイトで運命の人を得たヤビーが語る!



【NYで活躍する女性の関連記事】

ダイヤモンド商EXROYALの副社長にインタビュー
NYダイヤモンドディーラー<前編>

もはや駐妻とは呼ばせない!ビジネスウーマン
NYで働く駐在員の妻<前編>

現役デザイナーは語るNYのデザインは意外にコンサバ
ジュエリーデザイナー<前編>

アメリカでウェブデザインの会社を起業した日本女性
アメリカのウェブ業界<前編>

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。