「えっ!ニューヨークにもビーチがあるの?」
という日本から来た友人のコメントに、暑いマンハッタンを抜け出してニューヨーク郊外のロングアイランド、ファイヤーアイランドのビーチに出かけることにしました。

●ペンシルバニア駅から出発

アムトラックが出発する駅、34丁目7番街にあるペンシルバニア駅からロングアイランド東端にあるモントーク行きのロングアイランド鉄道、モントーク線に乗りこみ出発。夏の週末の間はビーチに向かう人で大変混み合っていますので、早めに駅に着いてチケットを購入することをお勧めします。ちなみに今回の駅、Sayvilleまでは往復で大人一人13ドルでした。(オフピーク、週末利用のみ)ほとんどの電車は、ジャマイカ駅でモントーク行きの電車に乗換えをしなければなりません。ジャマイカからは2階建ての快適な新型電車に乗ることができました。距離にすると約70キロ、時間にすると1時間半、おしゃべりをしていたらあっという間にSayville駅に到着しました。

●フェリーにてファイヤー島へ

Sayville駅に到着すると、ビーチパラソルやビーチチェアーを持った人が続々下車して、待ち構えている乗合いバンに乗り込みました。夏の間、フェリーに乗るビーチ客のために、乗合いバンが所狭しと、駅でお迎えして待っているので、フェリーに乗り遅れる心配もなく、フェリー乗り場まで行くことができます。フェリー乗り場までは所要時間5分ほど、料金は片道3ドルでした。

フェリー乗り場で往復11ドルの乗船券を買って、待ち時間もなく出航。水中翼船のようなスピード、20分ほどで、今回の目的地ファイヤー島、Cherry Grove Beachに到着しました。乗船中、かわいいテリー犬を見つけて、写真をパチリ。このCherry Grove Beach、ニューヨーク近郊では珍しく、ペット歓迎のビーチなので、ペットもフェリーにたくさん乗り込んでいました。しかし、その後に歓迎なのはペットだけでないことがわかりました・・・・