京都は、全域が観光地となっているため、以外に移動するのに時間が掛かってしまい、希望していたスポットの半分も見れなかったという方も多いはず。今回は、これから来られる京都初心者向けに、京都のエリアをご紹介します。これを参考に、集中し無駄なく観光していただく事をお奨めします。
京都エリアガイド
上が北、下が南・向かって右が東、左が西

京都では、よく東西南北にエリアを分けて、頭に「洛」という文字を付けて言います。そこで、区が記載している京都市の地図を元にエリアを分けてみました。あくまでも大まかに分けているので、実際に行かれる場合は細密な地図にてご確認下さい。


【contents】
■洛北方面、市内中心地から北の方角(アガル)大原・貴船・鞍馬・下鴨・修学院・鷹峯など……P1
■洛西方面、市内中心地から西の方角(ニシイル)西陣、太秦、嵐山など……P2
■洛中方面、京都市内の中心で繁華街(カワワタラズ)河原町・烏丸など……P2
■洛東方面、市内中心地から東の方角(ヒガシイル)祇園・東山・鹿ヶ谷・岡崎など……P3
■洛南方面、京都市内から南の方角(サガル)醍醐・伏見・東福寺……P3

洛北方面、市内中心地から北の方角(アガル)

京都エリアガイド
  
洛北の代表スポットと言えば、大原や貴船・鞍馬など夏は涼しい人気のエリアを思い浮かばれる方も多いはず。

大原は、春は桜に秋は、紅葉。そして冬場は、温泉もあると言うことで一年を通しても人気のある場所です。

大原より、さらに北に行くと川床で有名な貴船、パワースポットの鞍馬へと続きます。

大体京都駅より混まなければ1時間強ぐらいで到着。市内中心地から近く、まだまだ自然の多い所で、地元の人でも日帰りで遊びに行く人が多い場所です。

 
京都エリアガイド
冬は、温泉・秋は、紅葉。神の山として知られいる鞍馬山は、1年を通して多くの方が来られます
鞍馬よりさらに北に行くと花瀬・美山という場所になります。ここは、京都でも珍しい茅葺き屋根の残る家が点在するエリアで、自然食の蕎麦やパンそして、摘み草料理で有名な旅館・美山荘もここにあります。

さて、中心地に近い下鴨神社や紅葉などで有名な曼殊院(修学院)や詩仙堂(一乗寺)なども洛北エリアです。このエリアは、叡山電鉄が南北に走っているため利用すると便利です。

 

下鴨神社より少し西に行くと上賀茂神社へ。そして京野菜で有名な鷹峯などは、光庵や光悦寺などの観光スポットがあります。

<All Aboutのエリア紹介記事>