【移住前の生活】

タイムイズマネー。これしかありませんでした。何でも効率で計算する。どれだけの仕事を、どれだけの期間でこなせるかによって、人としての価値が決まる、そう思っていました。

私自身、無能(ごめん。当時そう思った)な部下を追い落としたこともあります。ここで言う「無能」とは、あくまでも仕事の効率の低い人を指します。人間的にという意味ではありません。

それどころか、人間的に見ると「良い人」たちでしょう。騙すタイプではなくて騙されるほうのタイプ。しかし、こうした人たちは、得てして損をします。ビジネス社会で求められるのは、会社や取引先に利益をもたらす人だけですから。

もちろん、反対に私自身がハメられたという経験もあります。油断も隙もない、それがビジネス社会であり、騙されるほうが悪いという定義で成り立っています。

かつて「要領の良い人」というのは、悪口でした。ズルく立ち回る人みたいな感じ。「あいつは要領がいい」なんて陰口を言われ、嫌われたんですよ。

それが今は、ほめ言葉になっています。社会がそれほどに変化しているですね。要領の悪い人がソンをする仕組みになっています。

さて、このような生活を長年続けていた私は、ストレスから病気を患いました。緊急入院です。2週間飲まず喰わずで点滴だけ。腸が炎症を起こしていました。

検査してみると、以前にも何度か腸に穴が開いた痕跡があるとのこと。気付かず、というか、お腹が腫れて酷く痛んだことがありましたが、我慢して仕事をしてたんです。

しかし、このときばかりはすごい熱が出て動けなくなったので、入院せざるを得なかった。ストレスの怖さを思い知った緊急入院でした。

なんでこうなったか。考えてみると、私にとっては仕事が全てだったんですね。なにしろ見たこと、聞いたこと、全てを仕事と結びつけて考えてしまう。「無駄なことは絶対しないぞ」とばかりに、休日、どこかに遊びに行く時でさえ、必ずそれを仕事として組み込み、利用しました。

沖縄に遊びに行くときも、必ず仕事になるネタを最低1本は確保して東京に戻りました。沖縄だけでなくアメリカ、ヨーロッパ、アジア等など、たとえ休暇の旅行であっても、その全てを仕事に絡めていました。

戻ると今度は1週間、会社に泊まりこんで徹夜作業なんてのもザラです。今考えると我ながら「バカ」としか思えないわ、ほんとに。

病気を契機に、これではいかんと一念奮起して独立、フリーになったのですが、それで楽になるかと思いきや、仕事中毒ぶりはさらに悪化しました。

昼も夜もない生活。1日中パソコンにかじり付いていました。ルームシェアしていた同居人の1人が、朝、会社に行って、夜遅くに帰ってきた時、呆れて言ったことがあります。

「私が朝出たときから、ずっと同じ姿勢のままじゃないですか」と…。

これが移住前の生活でした。