m.jpg
●今月の表紙:ラベンダー
7月を代表する風景といえば、ラベンダー。広大な畑を持つ「ファーム富田」など富良野エリアが有名ですが、ニセコ周辺にもラベンダー畑は点在しています。観光用の花に思われがちですが、実は農作物でもあるんです。ラベンダーから抽出する香油は、リラックス効果の高いアロマでよく知られていますよね。満開の畑に立つと、風が運ぶ香りに全身が包まれ、とても癒されますよ。見ごろは7月中旬ですが、遅咲きのラベンダーは8月まで楽しめます。

美瑛&ふらのラベンダー情報


【INDEX】
●1P:日本料理とらや|白いプリン|ゴーシュ
(1P目はこの下に記事が続きます)
2P:たつ吉|座忘庵|びらとり和牛のスープカレー|ラ・トルテュ
2P:テルツィーナ|フラノ寶亭留


【おいしい時間バックナンバー】
6月のおいしい時間はこちらへ
昨年7月のおいしい時間で取り上げた話題はこちら
札幌のおいしい店&話題の店※おいしい時間に登場した札幌のお店のINDEXです。
おいしい時間のバックナンバー集はこちらへ



鰻まつり
日本料理とらや From:札幌

j20.jpg
▲京都産加茂茄子と北海縞海老の焚き合せ
j21.jpg
▲脂のり最高な天然鰻の蒲焼きがどんと1本
いつも野菜料理で和ませてくれる「とらや」は、夏になると鰻で盛り上がります。四万十川や鹿児島産の天然ものをコース料理やうな重などでいただけるのです。この日は、鰻まつり=コースを堪能してきました。

j22.jpg
▲これでもか!とアップにしてみました
毎年、内容は変わるそうですが、今年は「鰻の肝と髄の和えもの」「白焼き」「蒲焼き」のほか、「お刺身」「15種類の野菜のおひたし」「わらびのすり流し」「京都産加茂茄子と北海縞海老の焚き合せ」など。蒲焼きは、生きた鰻を開き、一度焼いてから骨までゆっくり蒸したものを、さらに炭火で焼き上げているので、ふっくらして香ばしい。口の中でとろける身のやわらかさは、まさに至福。土鍋で炊いたご飯に鰻のタレをかけて食べると、また美味しいんですよね。ついつい食べすぎてしまいます。

ようやく夏らしくなってきた北海道。とらやの鰻は9月上旬まではあるそうですので、暑気払いにぜひ! 

【DATA】日本料理とらや



白いプリン

酪農王国・北海道を応援しようと、「白いプリン」大作戦が始まっています。詳しくはこちらをご覧くださいませ→→→●北海道発の『白いプリン』って知っている?(From:All About 北海道ガイド記事)



癒しの時間
ゴーシュ From:美瑛

j18.jpg
▲小麦とジャガイモ畑と青空のコントラスト
j19.jpg
▲北星山のラベンダー畑からの眺め
この日は仕事で美瑛~富良野方面を回ってきました。中富良野町の北星山のラベンダー畑は、ピークのほんのちょっと過ぎたあたり。紫色の畑に立つと、風が運ぶラベンダーの香りに癒されます。仕事とはいえ、つかの間のシアワセな時間を満喫しました。

j17.jpg
▲パンで食べるキーマカレーもおすすめ
j16.jpg
▲風が心地よいテラス席
美瑛に訪れたら、ぜひ寄っていただきたいのが、「ゴーシュ」。店主の阪井さんが入れるコーヒーがとても美味しくて、お店の雰囲気も気持ちの良いカフェです。今の時期はテラス席がいいですね。

阪井さんは生豆を洗い、手作業で豆を選別し、昔ながらの直火式の釜で丁寧に焙煎。ネルドリップで入れるコーヒーは、豆の個性がくっきり。ブラジルの日系人シモサカさんがつくった豆「カルモシモサカ」は、スパイシーな味わいのあるコーヒーで美味しかったなぁ。
そしてゴーシュは自家製パンもレベルが高いので、店内メニューのサンドウィッチや、テイクアウト用の食事パンも味わってみてください。

【DATA】ゴーシュ