「マイル単価」をマスターすべし

航空運賃を目的地までの往復のマイル数で割ると1マイル当たりの単価が計算できます。
以前、「1マイルっていくらなの?」というタイトルで「マイル単価」について書いたことがあります。

航空券を漠然と買うのではなく、自分が乗った距離でどのくらいマイルが貯まるのか、貯めたマイレージで無料航空券を使うときもお金を払って乗る場合と比較して、トクなのかソンなのかを判断する基準を明らかにしました。

そこでの結論は
  • 欧米路線などの長距離路線ではマイルを貯めるべし。特典航空券はアジア線などの短距離路線で使うべし。
  • 特典航空券はエコノミークラスよりもビジネスクラスやファーストクラスで使ったほうが有料の航空券との比較においてトク。
    ということでした。そこで今回は実際に航空券を買うときにどのくらいマイルが貯まるのか。路線ごとに検討してみたいと思います。

    まずは路線ごとの最安値をチェック

    比較の基準はエイビーロードネットでの格安航空券(1月出発の最安値)。マイレージプログラムは基本的に100%マイルが加算されるアメリカ系の航空会社を利用することにしました。航空券の料金をマイルで割り、1マイルあたりにいくらのお金をかけているを計算します。この数値が低ければ低いほど少ないお金でマイルを貯めることができる=トクということになるわけです。

  • ソウル 17900円 アシアナ航空、コリアンエアー
  • 香港 28500円 航空会社未定
  • シンガポール 33500円 ノースウエスト航空、ユナイテッド航空
  • バリ島 40800円 エバー航空
  • デリー 61000円 チャイナエアライン
  • シドニー 48000円 ニューギニア航空(カンタスに加算)
  • ロンドン 47800円 航空会社未定
  • ホノルル 38000円 ノースウエスト航空、ユナイテッド航空
  • ロサンゼルス 31800円 航空会社未定
  • ニューヨーク 32200円 ノースウエスト航空、コンチネンタル航空
  • サンパウロ 102200円 エアカナダ
  • ヨハネスブルク 123400円 マレーシア航空

    つぎのページではそれぞれのマイル単価の結果を発表!