巨粒な苺、あまおう
エクセレント規格!大きさ・色・形 最高。このあまおうは42gと超ビック!

二年前にデビューした、まだ新顔のイチゴですが、そのスター性を発揮し、早くも西の横綱イチゴとの呼び声も立つほど、人気が出てきました。
今年は秋の少雨と冬の寒波の影響で、作柄はいまひとつのようですが、さすがに最高ランクのエクセレントクラスは素晴らしいです。

『あまおう』 は福岡県が放った 『とちおとめ』 の刺客

巨粒な苺、あまおう
豪華なエクセレントのバスケット
福岡県は長い間、西の横綱いちごと呼ばれる 『とよのか』を主力に、全国一のイチゴ生産量を誇っていました。ところが、近年、東の『とちおとめ』に押され、ついには全国一の座を栃木県に明け渡しました。

そこで福岡県が県の威信をかけ、6年の歳月を費やして開発したのが、いちごの新品種 『あまおう』 です。

名前のとおり、赤くて、丸くて、大きくて、うまい。が特徴です。

巨粒な苺、あまおう
EXがエクセレントの意味です
今年は猛烈な寒波の影響で、産地の福岡も影響を受け、作柄はいまひとつですが、さすがに西の横綱を狙うあまおうです。
最高規格のエクセレントともなると、見事なものです。
12粒で何と450g ということは、ひと粒は35g以上 一口で食べられない大きさです。今年は作柄はやや悪く、大玉が少ないので12玉ですが、暖かくなり、生産量が増えれば、9粒で450gサイズも出てきます。一粒は50g これだけ大きいと二口でも大変です。※写真のEXがエクセレントの意味 12は粒数。

巨粒な苺、あまおう
みかんと変わらないほど大きい!
私の手のひらに乗せた写真(このページの最初にあります)でもわかるように、非常に大粒です。M玉のみかんと比べてもそん色ないほどの大きさはすごいです。

赤の発色も抜群です。
とちおとめと違い、農家が一粒一粒、玉だし(イチゴを葉の中からひっぱりだして、お日様に当てる作業)をするので、こんなにきれいに色がつくのだそうです。

とちおとめの刺客ですから、当然、とちおとめの色の弱点を攻めています。


次ページで、あまおうを堪能します>>