桃、モモ
太陽をいっぱいに浴びた極上桃は艶っぽい!


山梨の高級ブランド桃 春日居

関西では同じ山梨の一宮ほどメジャーではないですが、関東では極上桃の産地として確固たるブランドを築いているのが、山梨の春日居です。

有名青果店やデパートで高級桃として販売されている産地で、優れた栽培技術と選果レベルの高さが特徴です。私は何度か産地に伺いましたが、農家の方々もJAの方々も、非常に厳しく、そして熱い桃に対する想いにあふれています。他の作物でもそうですが、素晴らしい産地は皆が切磋琢磨しあっているのが伝わります。

鱧
全ての桃は光センサーで糖度・形・色をチェック!
また、最先端の選果場では、全ての桃がお皿に乗った状態で、糖度・色・大きさで瞬時に選別され、桃は一度も転がることなく、箱詰めされていきます。

鱧
日本一との誉れ高い桃
箱詰めから2日以降が食べ頃になるように計算され、ベストの状態で収穫・出荷されます。柔らかな食べ頃で出荷すると、消費者の手元に届いた時には傷んでしまうリスクがある為です。桃はとてもデリケートで、微かな指の跡すら付かないように細心の注意を払い、箱に詰められます。


届いた桃が食べきれない場合

いくら美味でも、食べる人が少ないと、同じ桃を何度も食べることになります。当然、食傷ぎみになります。一般に良い産地の桃は日持ちもするものですが、さすがに何週間も日持ちするわけではありません。

そこで、今回は簡単にできるシャーベットの作り方をご紹介します。
一般販売用のシャーベットは日持ちを考えて、加熱しますが、そこはご自宅用ですから、3週間も日持ちすれば良いとなれば、加熱は不要です。
もちろん、加熱しないので、桃の香りや味もそのまま閉じ込められます。


次ページで、極上桃のシャーベットを調理します>>