【今、コレを食すべき理由】

マングローブガニ(ワタリガニの仲間)のメスは冬から初春に子が多くなります。まさに、今が食べごろなのです。




■ 余熱を使うのがコツ ■

蟹はひもで縛られ活けで届きますので、ひもを切らないで蒸します。蒸し時間はカニの大きさと火力に寄りますが、沸いた蒸し器で20分というところです。

おなかを上にして蒸し、ハカマの横からジュワジュワと泡が出てきたら、甲羅の中の水分が沸騰したサインです。それから肉の中心部と甲羅の卵に火が入る時間が約3分と考えてください。3分で火を止めて、余熱で火を通します。

■ 注文時にオスメスが選べる ■

次にカニをさばきます。
カニの甲羅を開けた時に胴体がわの両側についている『ガニ=えら』と、口にくっついている胃袋は取ります。両はさみは包丁の背などで叩いて割れ目を入れます。



肉の味はワタリガニより甘みが少ないですが、かなり濃い味です。内子は絶品です。ともかく濃厚です。もし、肉を重視するのであればオスが良いでしょう。
注文の時にオスメスは選べ単価は同じです。今回の取寄せは4500円/kgで時価です。

■ 那覇からの産直 ■

今回の取寄せは那覇市の長嶺鮮魚からです。残念ながらネット販売はしていませんので、先ずは電話で在庫とお値段を聞いてから、注文はファックスです。
長嶺鮮魚さんの電話番号は098-867-2544、ファックス番号は098-866-3271です。
元気な女将さんが気持よく相談に乗ってくれます。


■ お取り寄せData ■

◆長嶺鮮魚
◆価格:4500円/kg(時価)
◆問い合わせ:電話098-867-2544/ファックス:098-866-3271

うまいもんドットコムでは長嶺鮮魚の商品も扱っているので、ネット経由で購入可能です。
うまいもんドットコム
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。