おそらく皆さんがイタリアンのレシピで、目に付くのが「パルミジャーノ・レッジャーノ」と「グラナ・パダーノ」だと思います。
実際、イタリアだけでなく日本においても多くのレシピに2つの名前が登場していると思いますが、その違いは特に指定していません。どちらかと いうとレシピにパルミジャーノが書かれていても「グラナ・パダーノに代用可」とかあるはずです。 そこで、その2つの違いと私のオススメチーズメーカーをご案内します。
パルミジャーノ・レッジャーノは、イタリアは美食の町、エミリア・ロマーニャ州のパルマ周辺からレッジョ・エミリア地区で作られます。だから パルミジャーノ(パルマ地区)・レッジャーノ(レッジョ地区)と呼ばれます。
さて、パルミジャーノは、その作り方製法は法的規制を受けており、パルマ、モデナ、レッジョ・エミリア地区で育てられた牛乳のみで作られており、最後にパルミジャーノ・レッジャーノ組合の厳しい品質検査を受けて、そこでパルミジャーノ・レッジャーノとして認定され、そのチーズの周りに刻印が押されるのです。

一方、グラナ・パダーノとはなんでしょう? これはよく「パルミジャーノのできそこない」と言われていますが、そうではありません。パルミジャーノのできそこないには「×」マークがつけられ、「グラナ」の刻印はありません。そう、こちらもしっかりとした製法で作られているパルミジャーノと同じ硬質タイプのチーズです。グラナパダーノは、ピエモンテ州、エミリアロマーニャ州にまたがるパダーノ平原で作られているので、このような名になりました。性質は、2年熟成させ、硬質であるという点で、パルミジャーノ・レッジャーノとほとんど変わりありません。
しかしショップでは、パルミジャーノはちょっと高級で、グラナパダーノは一般的と見られています。実際に値段もそうなのですが、味は著しく違うわけではありません。

そして今回私が大好きなパルミジャーノとグラナパダーノをご紹介するわけですが、これは来週から行われるFOODEX(3月12日~15日幕張メッセにて)に来日するVirgilioのものです。まだ日本に正規代理店はありませんが、イタリア人の友人がこちらに勤務しており、時々チーズのテイスティングを私に求めてくるので、その縁もあり、こちらのチーズのファンになってしまいました。
このヴィルジリオのチーズは、イタリアでも多くのスーパーで見ることができる、一般家庭用にパッケージされているものです。また、業者向けイベントFOODEXでは代理店を募集しているとのことですが、一般向けに5月に大阪で開催されるイベントにも来るそうです。お楽しみに!

宣伝させていただけるであれば、担当者のメールです。イタリア語のみの対応になりますのでご注意を! 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。