料理をするときはいつも、食べる人の顔を思い浮かべながら作ります。  会心の作ができて、さりげなく、だけどちょっと得意げに、「さあ、どうぞ、めしあがれ」と、さし出した時、 その人の目の輝きを見るのがたまらなく好きです。
「今日は、どんな料理で驚かせてやろう、、」そんな 事を考えながら作ったいかめしリゾット。今夜の食卓の主役です。


洋風いかめし



リゾットの材料

・烏賊大3ばい....ワタと足を取り出し皮をむく。

・ 米2C .....とがなくても良いが、気になるならサッと洗う

・鶏むね肉100g.....ぶつ切りにする

・エビ2匹 .....殻を剥く

・しめじ1/2パック、椎茸3枚.....適当な大きさに切る

・玉ねぎ1/2コ......みじん切り

・スープ6C......鶏がらスープ(或いは、湯+固形コンソメスープ2個)を、温めておく

・粉チーズ.....大さじ1

調味料
<白ワイン大さじ2 ・ オリーブオイル大さじ3 ・ 塩コショウ ・ バター大さじ1 ・ サフランの粉少量 ・ パスタ用のイカスミソース適量>

トマトソースの材料

・玉ねぎ.....みじん切り大さじ3杯ほど

・水煮トマト....1缶

・ニンニク1片.....みじん切り

調味料
<サラダ油大さじ1 ・ バター大さじ1 ・ トマトケチャップ大さじ1 ・ 塩コショウ>

作り方

トマトソース
1.サラダ油でニンニクを炒め、香りが出たら玉ねぎを炒める。

2.トマトと他の調味料を加え、煮立ったら火をとめ、ミキサーにかけ、鍋に戻して火にかけ、 一煮立ちしたらバターを加えて溶かす。

リゾット
3.イカの足1パイ分とエビをぶつ切りにし、殻と一緒に小鍋にいれ、白ワインを少しまわしかけ、 蓋をして蒸し煮する。
(殻は取り除き、汁はリゾットに入れる)

4.別鍋にオリーブオイルをとり、玉ねぎを炒め、次に鶏肉を加えて炒め、 米を入れて炒める。

5.最後に茸類を加えてさっと炒め合わせたらワインを注ぎいれる。

6.温めておいたスープを最初1/3ほど加えて煮、少しずつ加えて、もったりした固さまで煮ていく。

7.食べてみて、芯が少し残る位になったところで塩コショウで味を調える。

イカメシ
8.リゾットを1/3づつに分けて、一つには粉チーズ大さじ1/2。一つはサフランの粉とエビと粉チーズ大さじ1/2。 もう一つにはイカスミと烏賊の足を混ぜる。

9.それぞれをイカに詰めて、楊枝で縫うようにとめる。

10.トマトソースで10~15分ほど煮込む。

11.煮えたら取り出す。

イカスミの汁が流れ出ると、煮汁が黒くなってしまうので、 煮えたら(イカスミ烏賊飯だけでも)すぐに取り出すこと。


12.皿にトマトソースを敷き、輪切りにしたイカメシを盛りつけ、 刻みパセリと粉チーズをふりかける。



◆◇お客さま向けの料理◆◇

【お刺身盛り合わせ】
【信田煮】
【塩魚のネギ蒸し】
【煮込みハンバーグ】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。