牛肉の部位と特徴

良質のたんぱく質、鉄分やカルチニンが豊富な牛肉
良質のたんぱく質、鉄分やカルチニンが豊富な牛肉(提供:日本食肉消費総合センター)


1.ネック(ひき肉に、角切りなどで煮込みに)

脂肪分が少なく赤身の多い「ネック」
脂肪分が少なく赤身の多い「ネック」
脂肪分が少なく赤身の多い硬めの肉質。ひき肉やこま切れのほか、角切りなどで煮込み料理に使われます。

2.肩(煮込みやスープに)

ゼラチン質が多いため、煮込み料理やスープによい「肩」
ゼラチン質が多いため、煮込み料理やスープによい「肩」
やや硬く、脂肪分の少ない赤身肉。エキスや、コラーゲンといったゼラチン質が多いため、煮込み料理やスープをとるときに適しています。

3.肩ロース(薄切り料理に)

やや筋が多く脂肪も適度にある風味のよい「肩ロース」
やや筋が多く脂肪も適度にある風味の良い「肩ロース」
やや筋が多く、脂肪分が適度にある風味のよい部位です。すき焼きやしゃぶしゃぶ、焼き肉など、薄切りする料理に。


4.リブロース(ローストビーフやステーキに)

霜降りになりやすく、きめ細かく肉のうまみそのものを味わえる「リブロース」
霜降りになりやすく、きめ細かく肉のうまみそのものを味わえる「リブロース」
霜降りになりやすい部位。きめ細かく、肉そのものを味わうローストビーフやステーキにおすすめ。霜降りのものは、すき焼きに最適です。

5.サーロイン(ステーキに最適)

きめ細かくて口当たりもやわらかく、最高の肉質「サーロイン」
きめ細かくて口当たりもやわらかく、最高の肉質「サーロイン」
きめ細かくて口当たりもやわらかく、最高の肉質。ステーキに最適で、ローストビーフやしゃぶしゃぶにもおすすめです。

6.ヒレ(カツなどの揚げものに)

脂肪分が少なく、きめが細かく柔らかい部位の「ヒレ」
脂肪分が少なく、きめが細かく柔らかい部位の「ヒレ」
きめが細かく柔らかい部位。脂肪分が少ないので、カツなどの揚げ物やステーキ、薄切りで炒めものなど油を加える料理におすすめです。加熱しすぎると固くなるので注意。

7a.かたばら(肉じゃがやこってり煮込みに)

赤身と脂肪が層になり、きめが粗く硬い「かたばら」は煮込みに
赤身と脂肪が層になり、きめが粗く硬い「かたばら」は煮込みに
赤身と脂肪が層になり、きめが粗く硬め。こってりと煮込んだり、こま切れは肉じゃがなどに。

7b.ともばら(シチューやカルビ焼きに)

濃厚な味わいの「ともばら」は赤身と脂肪が層になり、きめ粗いが霜降りになりやすい
濃厚な味わいの「ともばら」は赤身と脂肪が層になり、きめ粗いが霜降りになりやすい
赤身と脂肪が層になり、きめ粗いが霜降りになりやすい部位。濃厚な味わいで、シチューやカルビ焼きに。

8a.うちもも(厚切り料理、煮込み料理に)

牛肉の部位で最も脂肪が少ない「うちもも」
牛肉の部位で最も脂肪が少ない「うちもも」
牛肉の部位で最も脂肪が少ない。ステーキやローストビーフなどの厚切り料理や、煮込み料理などがおすすめ。

8b.しんたま(焼き肉、ローストビーフなど)

赤身と脂肪が層になり、きめ粗いが霜降りになりやすい「しんたま」
赤身と脂肪が層になり、きめ粗いが霜降りになりやすい「しんたま」
きめ細かくやわらかで、脂肪の少ない部位。ローストビーフや焼き肉などの焼き料理や、シチュー、ビーフカツもおすすめ。

9.そともも(薄切りで炒めものに)

薄切りやこま切れがおすすめの「そともも」
薄切りやこま切れがおすすめの「そともも」
ややきめが粗く、脂肪の少ない硬めの肉質。薄切りやこま切れで炒めものにするのがおすすめ。

10.ランプ(あらゆるメニューに)

味に深みがあって柔らかい赤身の「ランプ」
味に深みがあって柔らかい赤身の「ランプ」
深みのある味わいで柔らかい赤身肉。ステーキやローストビーフをはじめ、あらゆるメニューに利用できる部位。

11.すね(スープや煮込み料理に)

長時間煮込むとコラーゲンが溶けだす「すね」
長時間煮込むとコラーゲンが溶けだす「すね」
筋が多く硬いが、長時間煮るとコラーゲンが溶け出して柔らかくなります。だしやスープを取ったり、煮込み料理にしたりするのがよい。圧力鍋で調理時間の短縮ができます。



【取材協力および資料提供】 財団法人日本食肉消費総合センター
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。