■■■ アボカドとエビのサラダ ■■■

熟れたアボカドの濃厚な味わいを楽しむために、味付けはごくシンプルに。エビとの相性のよさも楽しめます。

<材料>(約4人分:調理時間 約15分)

甘エビ  10~15尾程度(冷凍の小エビでも可)
アボカド 2コ(熟れたものを)

白ワイン    小さじ1
ライム汁    1/2コ分
オリーブオイル 大さじ1
塩       小さじ1程度(味見しながら調節)
こしょう    お好みで


○ チャイブのみじん切りが合います。もしありましたら、お使いください。

<つくり方>

熱湯でエビを一度ゆがきます。甘エビの場合は、尾の殻を取り、1.5cmぐらいに切りそろえてから。ゆがいたらザルにあげてしっかり水切りし、熱いうちに白ワイン・分量の半分のライム汁・塩1つまみを振って、冷ましておきます。


アボカドを縦に置き、くるりと回すように半分に刃を入れます。両側を持って前後に少しひねると簡単に半分になります。皮と実の部分に少し爪を入れるようにすると、簡単に皮が外れます。種も同様に取り除き、実をエビの大きさに合わせたさいの目に切ります。


熱がちゃんととれたエビの入っているボールにアボカドを入れ、残りのライム汁・塩・こしょう・オリーブオイルで味付けし、完成です。熟れたアボカドの実は柔らかく、混ぜすぎるとペースト状になってしまうので、手早く。


※ アボカドは変色します。エビの熱をとってから合え、また食べる直前にアボカドは切ってください。

※ オイルは、香りの高いエクストラバージンが合います。もしご自宅にありましたら、そちらをお使いください。

※ 皮がきれいにはずれたら、ぜひそれを器として使いましょう。来客時には、とても見栄えします。




アボカド・メキシカンといえば、GUACAMOLE(グァッカモーレ)。これも作ればもうカンペキ。 → レシピへ GO

お豆のマリネ →  レシピへ GO

トマトのサルサ+ハーブ入りサワークリーム  →  レシピへ GO
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。