秘訣3:
棚やテレビの埃を払う

扉のないオープンタイプの飾り棚や本棚、そしてテレビ廻りは埃の溜まりやすい場所です。
静電気のブラシを使ってサッと埃を払っておくだけでも、テレビは明るく鮮明になって棚もサッパリとした印象に変わります。

本来なら照明器具や壁の埃を払うことからスタートしたいところですが、自分や家族にハウスダストの心配がなければ割愛。まとまった時間のとれるときに丁寧にそうじをすることにして、いよいよ床そうじに入ります。
ふだん通りに掃除機をかけたり、クイックル掛けをするなど、すでに余分なモノがない床をスイスイとそうじしましょう。

このように片づけからスタートするそうじでは、モノは元の場所に部屋は元通りの姿になっているので、終わった後にとても清々しい気分が味わえます。そして、そうじのあとのティータイムは一段と味わい深いひとときに。

いつもより少し早く起きたら窓を開けて深呼吸。そうじから始まる1日はいつもより充実した日になりそうな予感がしませんか?

その日の過ごしかた、これからの生きかたにつながる新・収納術。ガイド著書「朝、着る服に迷わないハッピー収納術」 をどうぞご覧ください。*本の詳細はこちらにあります。

すぐ片づく「5分間『整理・収納』BOOK」(三笠書房)で、時間もお金もかけずにスッキリ・ライフを実践しましょう!

▼関連シンク
日頃のラクそうじは家族の協力があってこそ! 【All About 収納】
ゆる~い習慣なら誰でも片づけ癖が身についちゃう。 【All About 収納】
おしゃれ小物を使ってテーブルすっきり! 【All About 収納】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。