秘訣1:
テーブルやデスクの上を整える

せっかく床そうじをするのですから、やり終えたあとのプラス効果を楽しみに、もうひと手間かけておくことにしましょう。
キレイになった床との対比で気になるのが、まずテーブルやデスクなど水平面の散らかり具合です。

カップ、新聞、書類、ペンなど、そこになくてもよいモノは元の場所に戻します。手紙やレシートなどあとで処理しようと思うペーパー類は、ケースを使って仕分けておきましょう。ケースの用意がなければ種類で分けて、テーブルやデスクの隅にまとめて何もない水平面を広くとります。

ついでにもうひとつ、テーブルやデスク表面の汚れを拭いておくことに。こうすれば、次に使うときの始まりが爽快感から...と想像するだけで気分がいいものです。

 

秘訣2:
ソファやベッドの上を整える

抜け毛は気になるけれどそうじは苦手!それなら気づいたときにコロコロ。出したままでもそうじ道具に見えないのでGOOD。ペットと暮らす家庭にも。参考商品:bin/カーペットクリーナースタンド
さらに気になる水平面は、ソファやベッドです。

ソファに置かれたリモコンや雑誌などは元の場所へ戻して、座った後に残る凹みを元に戻したり、ソファに掛けたカバーのシワを伸ばして平らにならします。ついでにクッションの凹みも直しておきましょう。
この方法は急な来客のときにもお薦め。手早く準備しなければならないときには、ソファとクッションにキチント感があると、ふだんからちゃんと暮らしている人だという好印象につながります。

夜眠る前に朝起きたままのベッドが目に入ると、疲れを引きずるような気がしませんか?ベッドに脱いだままの服が散らかっていたらたたんでひとまとめにして、ブランケットやベッドカバーは寝る前の状態に戻します。

ソファやベッドのように居心地のいい所ほど、そこに居た気配をリセットするように心掛けると、その場所が深呼吸したかのように、新たなくつろぎ感が生まれてくるから不思議なものです。

ところで、整えている最中に布についた髪の毛が気になってしまったら、転がすだけでとれる粘着ローラーが便利。ベッドやソファ脇に常備しておくといいでしょう。
では、次に最後の秘訣をご紹介。