あっという間に11月。今年も残すところあとわずかとなりました。新しい年
引越し、節約
これから年末に向けて何かと入用、少しでも安くあげたい気持ちはみな同じ。

を新居で迎えたい!とこれから年末に向けてお引越しを考えている方も多いのではないでしょうか?

以前行なったあなたの一票での結果でも、引越し業者選びの一番のポイントはダンゼン料金。もちろん見積りで一番安い業者がいいのでしょうが、料金と業者の信用度、口こみ情報なども気になるところ。ではどうすればいいのでしょうか?いろんな節約裏技法を考えてみました。

ダンボールなど梱包用品を断る

引越し、ダンボール、値段
ダンボールの値段なんて考えたこともなかったけれど、この機会にちょっと調べてみてもいいかも!
見積りの際、ダンボールや梱包用品等はサービスですよ!と言われて「良かった」と思う方も多いと思います。しかし、これらがタダなわけはありません。ならば見積りの際に「ダンボールや梱包用品はいらないわ」と言ってみてはどうでしょう。もし、それでも料金がかわらなければ、サービスとしてもらったほうが得ですが、少しでも引越し料金が引いてもらえるなら考えてみる価値があります。

近くのホームセンター、スーパー、ダンボール箱を扱っている店から直接購入ができますし、もちろんネットからでも購入できますので、ここはぜひ値段を比較されることをおすすめします。最近ではダンボールサービスも枚数に制限があることも多く、足りなくなった場合に備えて、ダンボールの料金を知っておく必要があるでしょう。
    【部屋の大きさごとのダンボール箱数の目安】
  • 1DK→20枚~30枚
  • 2DK→40枚~60枚
  • 3DK→60枚~80枚
※引越し業者によっては、ダンボールなどの使いすて資材の利用を極力おさえるように、自社開発の資材を利用するところもあり、その場合においてはこの限りではありません。

あと節約方法としてスーパー、薬局などで使い古しのダンボール箱をもらうのもいいでしょう。ただし書籍、食器など重い荷物には、強度が必要なので新品を購入することをおすすめします。

また、見積りの際には、忘れずに使用済みのダンボール箱を回収してくれるかどうかも聞いてみたいところですね。

次のページその日じゃないとダメですか?>>