引越しには荷物の破損がつき物。箱に詰めるときには充分な注意と丁寧な梱包が必要になります。また、家具の傷なども事前にチェックしておく事が必要です。
万が一、引越し後に破損が発覚した場合、業者によって対応はまちまちですが、保証されたケース、保証されなかったケースを例をあげてご紹介します。

家具の破損

運搬作業中、目の前で壁等にぶつけられた場合は、ほとんどの業者で保証してくれます。が、見ていない所で傷つけられた場合、当日の作業終了時にチェックして、作業員に確認してもらう事が第一です。
後日気がついた場合は、当日の作業員に確認が取れなくなる場合があり、解決しない事例も多いと聞きます。搬入後には一通り家具の傷をチェックして、真新しい傷が有った場合はすぐに作業員に見てもらうと良いでしょう。

家具の修理は、依頼する業者によって仕上がりがまちまちです。この修理内容でトラブルになるケースもあり、引越し業者の修理に任せず、購入した家具店などでの修理の代金を保証してもらうのも一つの手です。一旦修理してしまうと、仕上がりが気に入らなくても再修理が難しい場合が多いです。

又、家具の修理には時間がかかるケースが多く、修理中の収納に関しても困る事が多い様です。修理にかかる期間を約束させ、その間の代わりの家具なども手配してもらうように交渉してみると良いと思います。

ポイント:最初に電話をした際に、担当者の名前を聞いておくこと。クレームとなると、逃げ回る担当者も居ます。誰が担当なのかをしっかりと書きとめておき、対応が悪い場合は業者の責任者の人にその旨相談すると良いです。