部屋に合わせて、手持ちの家具に一工夫

L字フック

窓の上につけられた棚はL字フックに板をつけたもの。その上に靴が収納されています。見せておいても素敵な靴は、こんなふうに飾っておいても素敵。



「実は、整理整頓が好き。空間を有効活用したいので、棚などはぴったりと収まるものじゃなければ嫌。市販品でちょうどいいものがなければ、自分で手作りしてしまいます」と、MIZUKIさん。その言葉どおり、部屋を見回すと、MIZUKIさんの手が加えられた家具がいっぱい。カーテンも自分で縫ったんだそうです。

棚   洗濯機
左の棚はカラーボックスに色を塗り、ちょうどいいサイズの籠を入れたもの。右の棚はMIZUKIさんが組み立てて作ったもの。   白い布をロープで棚にしっかりと結んだ向こう側に洗濯機が隠れています。見せたくないものを布で覆うことで、インテリアにまとまりが。
ワイン箱   プリンター
ワイン箱に色を塗って、キャスターをつけて収納に。ベッドの下に入っています。   デスクの下にもキャスターをつけた板が入っていて、プリンターがぴったりと収まるように工夫されています。


学生時代に一人暮らしを始めたときから、少しずつ手作りをしてお気に入りの家具を揃えてきたMIZUKIさん。下の写真は、現在の部屋ではなく、学生時代に住んでいた部屋のトイレ。すごいカッコよさですが、部屋を出たあと、不動産会社から泣きの連絡が入ったんだとか(笑)。

トイレ   トイレ
照明を設置したトイレ。スタイリッシュですが、用をたすにはちょっと落ち着かないかも!?(笑)   壁には、一面に英字新聞が貼られています。今の部屋よりも、もっとアメリカンスタイルな印象です。


次のページでは、『見せる収納』と『隠す収納』の上手な取り入れ方をご紹介します。これで狭い部屋もすっきりと見える!?>>次のページへ