出産祝いを贈る時期

出産祝いの基本マナーとは?

出産祝いの基本マナーとは?

■生後1ヶ月までに贈ろう

出産祝いを贈る際にまず気をつけたいことは、無事に誕生したかということ。母子ともに健康である事を確認してからお祝いを贈るようにしましょう。贈る時期は、生後1ケ月までに。ちょうど退院してすこし落ち着いた頃です。

■お祝いの品をすぐに持参しない
直接持参した方が丁寧だとされていても、出産祝いだけはちょっと待ってくださいね。出産後の新米ママは、慣れない赤ちゃんの育児でてんてこ舞いの状態。また母体の回復もそれぞれです。品物だけ先に配送にして、落ち着いた頃に赤ちゃんの顔を見にいくのがよいでしょう。

■時期を逃したら?
半年近くたってから出産を知った場合でも「出産祝い」として贈って問題ありません。ただし出産後1年近くたっていたら、不自然。その場合は「誕生祝い」としましょう。

出産祝いの金額の目安、相場

友人・知人……3千円~1万円
親戚関係は……1万円~3万円
好きなものが選べる商品券や現金はありがたいものです。

表書きや水引のマナーは下記の通り。
・表書き
「御祝」「御出産御祝」「御安産御祝」
「御初着」……初めて着せる産着を実家から贈る時に。

・水引
祝儀袋は白赤(5本か7本)、結びは花結び(蝶結び)または鮑(あわび)結び。
のし紙は結びは花結び(蝶結び)、水引は白赤を用いるのが基本。のしはつけます。

2人目、3人目からの出産祝いは必要?

最初の子と同じようにお祝いするのがマナー。人数に関係なく祝う気持ちが大切です。2人目からのお祝いは、相手に欲しいものを尋ねてみても。また頑張ったご褒美としてママに贈るのもステキ! アクセサリーなど身につけるものは、出産の思い出としておすすめです。

 

>>次ページでは出産祝いのお祝いメッセージの文例を解説します。