還暦
還暦は第2の人生のスタート地点。まだまだ人生はこれからです。
長寿をお祝いする事を賀寿(がじゅ)といい、一般的に還暦からお祝いされていました。今年はいわゆる団塊世代の多くが退職を迎える年。平均寿命が伸びた現在では、還暦を迎えたといってもまだまだ現役で活躍している方も多いことでしょう。

人生50年と言われていた時代、還暦である61歳を迎えることはめでたいことで、頭巾や赤いちゃんちゃんこを贈ってお祝いしたものですが、今では年寄り扱いを嫌う人も少なくありませんのであまりオススメできません。昔からの習慣にはこだわらず、誕生日祝いとして実用的なものをさりげなくスマートに贈る事が主流になっています。

今回は今どきの還暦祝いのマナーについてご紹介いたします。

【関連リンク】
敬老の日、長寿のお祝い


還暦祝いは数え年の61歳


十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)を組み合わせるとぜんぶで60種類の干支、つまり六十支干となります。暦は60年でひと回りして最初の干支に戻ります。還暦とは最初の干支に戻る年をお祝いするもの。人生が一周して、又新しい人生のスタートに向けて、家族や身近な人がお祝いします。数え年61歳が還暦とされています。


赤いちゃんちゃんこを贈る理由


60歳で60種類ある十干十二支がひとまわりして、61年目に自分の干支にもどることから「赤ちゃんに還る」と考えられ、赤にちなんだ品々を贈るわけです。この赤色には、魔よけや忌よけの意味があるそうです。また身につけるものや身の回りのものを贈ると縁起がよいことから「赤い頭巾」「赤いちゃんちゃんこ」「赤い座布団」などが定番とされていました。


本格的な長寿のお祝いは古希から


本格的に長寿をお祝いするのは古希(70歳)や喜寿(77歳)くらいからのようです。古希のお祝いは、現役でがんばっている方もそろそろリタイヤする頃、お祝いの品を贈る際はライフスタイルを考慮することも必要です。最近では健康維持のためにスポーツジムやプール、ウォーキングなどで汗をかいている方も多いようですのでシューズなどの品物なども喜ばれます。

また、旅行などが好きな方は旅行券、グルメ通な方などはお食事券などいかがでしょうか。常識にとらわれず、本人の気持ちが明るくなるような、その方にあった品物を贈るといいと思います。逆に趣味のきっかけをつくってあげるのもいいかもしれませんね。

次のページは還暦のプレゼントと相場について>>>