慶事と弔事が重なった場合

披露宴と弔事(葬儀)が重なった時は、付き合いの深かった方を優先させるのは当然ですが、普通は葬儀を優先させることが一般的です。最近は披露宴の方に出席するケースも増えていますし、時間のやりくりが出来れば両方に出席してもかまいません。

ただし、身内の結婚式が一両日中に迫っている場合や出産が迫っているは、弔問を遠慮することが礼儀です。また葬儀を優先させる場合は、披露宴を欠席する旨を至急連絡して、後日、先方が落ち着いたころに新居に伺い、お詫びとお祝いを言います。また、その時に理由は「やむをえぬ事情で」などすこしぼかしていいます。

妊娠している、乳児がいる

両親、兄弟姉妹の場合以外で、妊娠中や乳児がいる場合は、無理して出席しなくてもかまいません。乳児がいる場合はかえって相手に迷惑になることがあります。おくやみの言葉を伝えたい場合は、妊娠中でも体調がよければ葬儀に出向いてもかまいませんが、あくまでも体調が良い時に限ります。



<関連記事・コラム>
訃報を後で知った場合
喪家の都合を考え確認してから伺う事
訃報を受けたら
近親者や特に親しい場合は直ちに駆けつける
通夜に参列する
遺族のことを考え、行動は控えめに
葬儀・告別式に参列する
出棺まで待つのがマナー
不祝儀袋の選び方(弔問側)
宗派によって違う表書き
香典を贈る
ケース別金額の目安
香典を贈る時期
持参するは通夜?告別式?出席出来ない場合は?
お悔みのあいさつ(弔問側)
心を込めて簡潔に
ふくさと受付での作法(弔事)
包み方と注意点



 

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。