災害はいつ起こるかわかりません。突然起こった災害に直面した人に対しては、すぐに駆けつけ手伝うことがなによりのお見舞いになります。

知人、親戚が火事、地震、水害、台風などの被害にあった場合は、近くに暮らしているならすぐに駆けつけ、遠方ならば電話などで安否を確認し、必要なものを贈ります。特に地震のような大規模な災害の場合は、電話が殺到してつながらない場合も多いので、テレビやラジオなどの情報をもとに冷静な判断も必要です。

災害にあった場合、本人も精神的にショックを受けている場合も多いので、近くであれば後片付けのお手伝いや飲料水、おにぎりやサンドイッチなどの食料品、タオル、毛布、など日常品を用意し持参します。遠方であっても、状況を電話で聞き当座に必要な現金や日用品など生活必需品を送ることなど、援助ができるはずです。

親戚や親しい間柄であれば避難場所として自宅を提供することもできるでしょう。また、お見舞い品やお金を贈るだけでなく小さいお子さんやお年よりがいる場合には預かってあげることで大変助かる場合もあります。相手の状況をよく見て必要としている事が何か良く考えて行動しましょう。

▼災害見舞い

---------------------------------P2
贈る場合の表書き
贈る目安
お返し
火元の場合の挨拶



<関連記事・コラム>
病気のお見舞い相手に対する思いやりが第一