<一番のお返しは病気やケガからの回復>

病気やケガが全快したら、お世話になった方やお見舞いに来て頂いた方に、全快の報告をかねて「快気祝い」としてお返しするのが一般的です。

従来はお見舞いのお礼を兼ねて「快気祝い」として自宅にまねいたり、内祝いの品を届けたりしました。これはあくまでお祝いであってお返しではないので、必ずしなくてはいけない性質のものではありせん。現在では、御見舞いをいただいた方へのお返しという意味合いで、快気祝いを贈る方が多くなっています。

▼快気祝い

---------------------------------P2
快気祝いの品を贈る場合の目安
贈る時期と品
お返しの礼状

---------------------------------P3
とりあえずお礼がしたい
退院して自宅療養する場合
病気が治らずに亡くなった


なんといっても一番のお返しは病気やケガからの回復ですので本人の気を使わせずに家族や周りの人が手配してあげましょう。


<関連記事・コラム>
病気のお見舞い相手に対する思いやりが第一