お見舞いの時期

病気見舞いで大切な事は、相手のことを考えて見舞う事。入院直後や手術の前後、痛みや苦痛がある間は、本人もだれにも会いたくないことも考えられます。そのような場合は、相手の事も考えて面会は遠慮するようにします。

また、出産や盲腸などお見舞いに行かないほうが無難な場合もあるので、考えて行動することも大事。お見舞いの時期は、だいたい入院してから1週間以降が目安です。見舞う前には、家族に状況を尋ねてからにします。

面会時間

それぞれですが、午前中は検査などもあり避けるのがベスト。昼食後の午後2:00~3:00ごろがいい時間帯です。面会時間は長くても20分ぐらいが妥当。あまり長くいると本人も疲れますし、まわりの患者さんにも迷惑です。いずれにしても、病院の面会時間を確認しましょう。

大人数や子供連れは避ける

面会には、子供連れはなるべく避けます。患者のお孫さんなら別のはなしですが、病室ではしゃいだりあばれたりすると患者さんに気を使わせることにもなりますし、他の患者さんにも迷惑です。

複数人で出かける場合も多く見受けられますが、基本的には1人で出かける事がいいでしょう。2~3人までが常識の範囲。一度に多くの人がこられると、一見して賑やかでいいのですが、本人は結構疲れる事も多いのです。また、個室でない場合は、他の患者さんには迷惑です。本人の症状がいいのであれば、病室よりもロビーや面会室などのほうがお互いに気を使わずにすみます。

ぐっすり眠っている場合

御見舞いを持っていった時に、付添い人が見あたらず、ぐっすり眠っている場合などは、目覚めるまで待たずにナースステーションに預けて帰るのがマナーです。