意外とかんたんな手作りハタキ。かわいい布で作ればインテリアにも。一度作っておけば、布を替えて簡単に作り直せます。
おばあちゃんたちなら常識だった手作りのハタキは大掃除に大活躍。ストッキングやタイツ、レギンスで作れば、家電やビニール壁紙に最適な最新式(?)の帯電お掃除グッズに大変身です!


おばあちゃんのハタキ

ハタキは昔ながらの3大お掃除グッズ「ハタキ」「ほうき」「雑巾」の一つハタキは昔なら手作りしたもので、紅絹(もみ)といわれる、袷(あわせ)の着物の裏地で作ったそうです。

紅絹はやわらかい絹でできていたので、しならせながら使うハタキ掃除に向いていたのです。


今なら化繊がおすすめ

ハタキの素材は綿シャツなど薄手の布なら何でもできますが、今作るなら、ごく薄い化繊の服地やタイツ・ストッキングもおすすめです。

化繊は静電気を帯びやすいので、同じく帯電しやすい家電やビニール素材の壁紙などについたホコリや花粉などを吸着してとり去ることができるからです。とくに冬から春先に活躍しますね。

着古したものや伝線したものをストックしておいて、大掃除シーズンの前に作るとよいですよ♪


ハタキのかけ方

ハタキは上から下へかけるのが正しいかけ方。手首のスナップをきかせて、天井や照明カバーから棚などの家具、床へとかけていきます。

たくさん埃がついてきたなと感じたら、外へ出て柄の部分をコンコンと手でたたくと落ちます。

ハタキ掃除のときには埃が舞い落ちてくるので、昔なら手ぬぐいで頭を覆ってマスクをしたようです。今ならスカーフとマスク?
一番よいのは、あまり埃をためないマメなハタキがけでしょうか。


次ページでは古いタイツやストッキングを使った、簡単おおざっぱなガイド流ハタキの作り方をご紹介します。 次ページへ!