愛嬌たっぷりです ▽なんでもおもちゃになります
遊び好きなフェレットは、特に用意をしなくともいろんなものをおもちゃにしてしまいます。 カバンを置けば中に入って遊んでしまいますし、洋服を脱ぎ捨てたらそれをトンネルにして遊んでしまうでしょう。
おもちゃ代がかからないと考えればありがたいことなのですが、遊ばれたくないものでも遊んでしまうので注意が必要でもあります。
特にフェレットが噛みちぎれてしまうようなものは誤食の原因ともなりかねませんので、フェレットに安全かつ、遊ばれてもいいものをおもちゃとするようにしましょう。

潜る習性を利用すれば、使わなくなった洋服の袖やズボンを切ったり、ティッシュの空き箱をいくつか繋げたりすることでトンネルを作ってあげることができます。また、空き箱に入り口を作ってあげるだけでもそこに入って遊んでくれるでしょう。
おもちゃは飼い主のアイデア次第でいくつでも作ることができますので、工夫してあげて下さいね。

▼フェレットのごはん
いろいろなフェレット専用フードが市販されていますので、それをごはんとして与えるのが一番いいと思います。
種類が多すぎてどれを選べばいいかわからないという場合には、フードの内容を調べてみるといいかもしれません。
フェレットは肉食な動物です。それゆえ、ごはんには動物性たんぱく質が多く含まれている必要があります。一般的に32%以上動物性たんぱく質が含まれているフードがいいと言われていますので、パッケージにある成分表を比較して選んでみるといいでしょう。

たとえどんなに成分的に優れたフードでもフェレットが食べないのでは意味がありません。 飼い始めは何種類かのフードをフェレットに試してもらい、好みの味を探すといいでしょう。
また、1種類に限定せず、何種類かのフードを混ぜて与える方法というのもあります。

一緒に犬や猫も飼っている場合、フェレットがその子たちのごはんに興味を持ってしまうこともあります。
キャットフードであれば、同じ肉食性の動物ゆえフェレットが必要としている栄養を満たすことができるものもあります。 メインはフェレットフードにする方がいいと思いますが、混ぜて与える場合やおやつとして与えるのであれば、動物性たんぱく質を多く含むキャットフードも与えてもいいかもしれません。

水を掘ることもあります ▽水が好き~♪
フェレットの飲み水は給水ボトルで与えるようにするといいでしょう。
お皿で与えてもいいのですが、フェレットは水好きな子が多いので、お皿だと飲むよりも遊んでしまうことが多々あります。
フェレットに聞けば、きっと水を飲むボトルと水遊びをするお皿と2つ欲しいと言うんじゃないかと思うのですが、飼い主としては毎日水遊びをされると辛いところがありますので、給水ボトルの方がいいでしょう。

時々水で遊ばせてあげるのは楽しいかもしれません。
特に暑い夏場は水遊びすることでより快適に過ごせるようになるかと思います。
水遊びさせるときに気をつけて欲しいのはお風呂場にある石鹸類です。

フェレットには石鹸が好きな子が多いのです。
言うまでも無く、石鹸は食べれません。でも、簡単にかじることができてしまいます。
水遊びをさせるときはフェレットの届かない場所に置いておくようにしましょう。

▼癒し癒され・・・
よく「ペットは飼い主を癒してくれる」と言います。
ペットを撫でることで血圧が安定したり脳波がリラックス状態になる等の報告もあり、 これは飼い主が感じているだけではない事実だと思います。
でも、癒されるだけでいいのでしょうか?

自分をより良い状態にしてくれるペットだからこそ、飼い主もペットのことを知り、時には癒してあげることがあってもいいのではないかと思います。
フェレットは素晴らしい家族になります。
家に迎えたその日から、あなたの毎日をより楽しい、刺激的かつ安らぐものにしてくれることでしょう。
そんなフェレットだからこそ、飼い主さんにはフェレットについてたくさん知って欲しく思います。 フェレットのことをよく知り、お互いに幸せになれるようになって下さい。

次週はフェレットの飼い主さんに是非知っておいて欲しい、病気について取り上げます。
疑問、質問、経験談等お寄せ下さいませね。

写真協力:Ferret Rollのオクトちゃん
  ご協力、ありがとうございます♪

Page1: フェレットってどんな動物?
Page2: フェレットの魅力
Page3: フェレットを飼う上で知っておきたいこと


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。