披露宴に出席する時の挨拶も、ドレスアップとともにエレガントに決めたいものです。こんな時にはどう言えばいいの? と悩まなくても大丈夫。シーン別に挨拶をまとめてみました。

披露宴の受付

その場にふさわしい言葉を。思いやりの言葉を忘れないように

その場にふさわしい言葉を。思いやりの言葉を忘れないように

受付係は、新郎新婦の身内と考えるもの。たとえ友人や知人でも、きちんとお祝いの言葉を述べます。
  • 「本日はおめでとうございます。新郎の友人の○○と申します。本日はお招きいただきまして、ありがとうございます」
  • 「晴れやかなお席にお招きいただきまして、ありがとうございます」
  • 「本日はいろいろお世話になりますが、よろしくお願いいたします」

ご祝儀を渡す時 

  • 「気持ちばかりですが、お納め下さい」
  • 「お祝いの気持ちです」
事前にご祝儀を渡してある場合は、「お祝いの方は済んでおります」と伝えましょう。

控え室

新郎新婦や両親・兄弟・親戚・媒酌人などに挨拶しましょう。友人達とのおしゃべりにはずんでしまい、親族への挨拶を怠わらないように。

  • 「おめでとうございます。本日はお招きいただきありがとうございます」
  • 「○○さんの花嫁姿をとっても楽しみにしていますよ」
  • 「○○会社の○○と申しますが、いつも●●さんには大変お世話になっています。本日はおめでとうございます」

テーブルについたら

着席する時は、両隣、同席の人に軽く会釈してから席へ、そして軽く自己紹介します。

  • 「新郎(新婦)の大学時代の同級生で○○といいます」
  • 「○○会社の○○と申しますが、いつも新郎(新婦)の●●さんには大変お世話になっています」
なお、お開き時には同じテーブルの方への挨拶を忘れないで下さい。

新郎新婦や両親・媒酌人に

話し込んだり写真撮影などしないで、早めに切り上げましょう。
  • 「ありがとうございました。お幸せに」
  • 「ありがとうございました。とても楽しい披露宴でした」
  • 「本日はお招きいただきありがとうございました。すてきな奥様(ご主人)ですね」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。