ロボロフスキーハムスター
とっても小さいハムスター。動きがすばやく臆病なところがある為、どちらかというと人に馴れにくい面があります。「鑑賞用ハムスター」と言われる所以です。ですが、そのちょこまかした動きと、白眉の様な模様がとってもカワイらしく、根強いファンも多いです。前述のジャンガリアン・キャンベルと合わせて、ドワーフ種(小さい種の意)と呼ぶ事もあります。

チャイニーズハムスター
ハムスターにしては長いしっぽが特徴。体つき自体も比較的スリムで、どちらかと言うとネズミっぽい印象を受けます。そのせいでしょうか、実験動物としては有名なのですが、ペットショップでは余り見かける事がありません。性格は温和ですが、おっとりという感じとはちょっと違います。

以上を参考にして、自分に合ったハムちゃんをお迎えしましょう。そして、思う存分ハムスターライフをエンジョイしましょう!


~関連おすすめサイト集~




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。