熱帯魚の中には変わった習性をもつものが少なくありません。例えば洞窟内に生息する為、目が退化してしまった「ブラインドケープカラシン」、体から電気を発生させる事のできる「電気ナマズ」などなど。その中でも今回は特に、口内で卵を孵化させ、ある程度稚魚が大きくなるまで口内で保護をする熱帯魚についてクローズアップしてみたいと思います。

一般に、口内で卵を保護する行為を「マウスブルーディング mouth brooding」と呼びます。進化の過程で、より確実に子孫を残す為の手段として確立された繁殖形態なのでしょう。 近年人気、価格共に高いアジアアロワナも卵と孵化後暫くの間の稚魚を、口内で育てる事が知られています。また、一部の野生のベタなどでも、多くの種で観察され、これらは特に「マウスブルーディング・ベタ」と呼ばれたりします。

今回は、その中でもベタの仲間に近縁な「チョコレートグラミー」をピックアップ!! 生態からその繁殖についてまで取り上げていきます。

では、ここで「チョコレートグラミー」についての詳細を!!

チョコレートグラミー Spherichthys osphromenoides
通称「チョコレートグラミー」と呼ばれ、略して「チョコグラ」の愛称で呼ばれたりもする全長5cm程度の魚。正式名称(学名)は、Spherichthys osphromenoides osphromenoides。一般的に知られている本種以外にセラタネンシス(S.osphromenoides selatanensis)亜種が存在し、基亜種となる本種に比べ、体側の乳白色のラインの本数が多い、赤身が強いなどの相違が見られます。また、ゼブラチョコグラ(Sphaerichthys vaillanti)など幾つかの近縁種が存在します。

マレー半島、スマトラ島に生息し、現地では、低pH、低硬度のブラックウォーターに見られ、超軟水を好むが、そのような水質を維持しなくとも、ある程度ろ過の効いた落ち着いた水を用意できれば飼育下では特に問題がありません。

比較的地味な体色をしているにも関わらず、そのゆったりとした泳ぎや、飼育難易度が高いことから初心者から上級者までに人気のある魚。

「大体、どんな熱帯魚か解りましたか?」

それでは、次のページで゛卵を口に含む親魚゛や゛稚魚の写真゛などを交えながら、更に詳しく紹介していきます。