アメリカのシェルターレポート第二弾はOregon Humane Society(オレゴン州動物愛護協会)です。
Multnomah County Animal Services
Oregon Humane Society(オレゴン州動物愛護協会)

OHSは、1868年に開設された民間による非課税機関で税金控除可能な寄付によって運営されているシェルターです。
1993年からプロジェクトを開始し、7000人以上の協力と788万ドル(9億5000万円)をかけて、2000年6月に現在の広大な敷地に清潔で管理の行き届いた開かれたシェルター施設として生まれ変わりました。

オレゴン州立大学獣医学部とのパートナーシップ

大きな看板・裏は犬の写真
遠くからも目立つ大きな看板
裏は犬の写真

2007年9月に開設された医療センターには、常勤の獣医師の他にオレゴン州立大学獣医学部の医学生が2週間ずつ研修に来て、不妊・去勢手術や病気・怪我の治療を行っています。これは、獣医学の博士号取得に必要な研修になっていて、獣医学部の医学生はここで現場の経験を積むことができるし、OHSはより多くの患者を受け容れるが可能になりました。
2階にはインターンのための宿泊施設も整っているので、昼夜を問わず緊急事態にも対応できるスタッフが確保できるという利点もあります。

猫用の施設の入り口です
猫用の施設の入り口です

OHSに持ち込まれた犬猫で、不妊・去勢手術が済んでいないものは、この病院で手術されます。
動物に関心を持つ人が多く集まるこのような施設で、不妊・去勢手術の必要性を訴える活動も行われています。
もし、自分が飼っている犬や猫の去勢・不妊手術費用が用意できないときは、OHSの割引クーポンを利用するか、または利息無しのローンを利用することができます。