ネコの魅力・ネコとの出会い
 

ネコの姿形が愛らしい、と感じる方も多いでしょう。
「目が光る」「光線によって表情が違う目が気持ち悪い」とネコが苦手な方が多くあげる「ネコの目」に神秘を感じる方も多いかもしれません。

でも、私は何よりも「ネコの存在」そのものに惹かれる人が多いのではないかしら?と思います。
対人関係の難しい社会に生きていて、ネコのその「わがまま」に見える「自分が興味を持ったものに対してはとことん執着」でも「興味がなければ完全無視」できる「ネコらしさ」、そのマイペースさは、多くの人が憧れる部分かもしれません。

でもね、そんなたいそうな理屈などではなく、道ばたで出会ってしまって、どうしても見るに見かねてネコとの同居が始まって…気がついたら、いつもネコがそばにいてくれるのが当たり前の生活になってしまった、という方が一番多いのかも。

これから、ネコとの同居をお考えの皆様、ネコとの生活はとても穏やかで暖かく幸せな時間です。でもあまり大きな期待を抱かないでください。
飼い始めてしまうと、どうしても擬人化して「うちの子は…」になってしまうのは当然ですが、でも、「ネコはネコ」です。

「ペットとして飼う」という表現は私自身、あまり好きではありませんが、人間主体の世の中ではやはり「飼う」という形態で、そして飼う以上はそれなりに責任が生じることをまず自覚して「同居」を考えて頂けたら-と思います。


続いて
ネコを飼うために必要な条件について-
ガイドが考えました。