記事:前ガイド戸松 佐恵美


※本記事内で使用している写 真は記事とは一切関係ございません。

ガイド自身は、杉花粉とハウスダストのアレルギーはあるものの、幸いにして猫のアレルギーは持っていずラッキーだなと思っているのですが、 世の中には猫が大好きなのに猫アレルギーで猫を飼うのを諦めている人や、猫を飼っているうちに猫アレルギーになってしまって手放した方がいいのか悩んでいる人も多くいらっしゃいます。

アレルギーは、アレルゲンの元を絶つのが一番なので、猫を手放す事が本当は一番いいのでしょうが、本当にそれしか方法がないのか、と言えば、私の友人には何人も猫アレルギーなのに猫と共存していらっしゃる方もいますので、諦めないで欲しいなと思ってこの記事を書く事にしました。

また、今回、猫アレルギーの件で色々調べものをしていたのですが、その中に時々「どうしても飼えないと思ったら猫を処分しましょう」みたいな記述があって、正直憤慨しております。
自分がアレルギーになったから、という勝手な理由で猫の命を絶つ事が「飼い主としての義務」だなんてとんでもない話です。
どうしても飼えないと思ったら、自分と同じかそれ以上に大切にしてくれる人に貰ってもらってください。
猫の命は人間の為にある訳ではありません。
もっとも、この記事を読んでくださっている方の中には、そんな人はいないと信じてもいますが。
猫アレルギーってどんな病気?
そもそも、アレルギーというのはどういうものなのか。
ある特定の人にとって、アレルギーをおこす物質を「アレルゲン」と言いますが、この種類は実に様々です。
今の時期だとすぐに思い浮かぶのは「花粉」だと思いますが、その他に食物によるもの、ダニ、ハウスダスト、カビ、寄生虫、金属などなど・・そのひとつとして動物のアレルギーがあります。
このアレルゲンが反応する人間の体内に入った場合、その人の中ではアレルゲン自体を「敵」とみなし、排除しようと試みるのですが、その時に過敏に反応しすぎて自分の体も攻撃する事により、鼻炎や皮膚炎などをひきおこします。
猫アレルギーは猫の何に反応する?
主に、毛・フケ・唾液・血清・尿などがアレルゲンになります。獣医さんや動物実験を行っている人以外では血清に触れるケースはないでしょうから、一般 の方の場合は毛・フケ・唾液・尿と思っていいと思います。
特に猫のフケはダニより細かく、空中に長く滞在しますのでソファやカーテンなどの布製品に大量 に付着する事になり、掃除をしてもあまり改善されないのは、その為と言われているようです。