5)これはあげていいの?



最後に、「猫に食べさせてはいけないもの」をいくつかあげておきます。
・タマネギ
タマネギだけでなく、長ネギ、ニラなどにも含まれる(猫にとって)有害な物質が貧血をおこさせます。
タマネギと一緒に煮込んだものは、ネギ本体を取り除いてもエキスが出ていて同じ事ですので、ネギの入っている食べ物一切を与えてはいけません。
・あわびの肝
あわびの肝を食べると体内で毒素が発生し、その後日光に当たると耳などの薄い組織が壊死して落ちる事があります。
・チョコレート
チョコレートに含まれるカフェインやデオブロミンという成分により不整脈・呼吸困難・心不全などを起こす事があります。
・お刺身
生の魚には、ビタミンB1(チアミン)を破壊する酵素がたくさん含まれていますので、刺身を食べさせる事によって、ビタミンB1不足を引き起こします。
・青魚
アジやイワシなどの背の青い魚ばかりを与えると、ビタミンEの欠乏を引き起こし、イエローファットという脂肪組織が炎症を起こす病気にかかります。必ず、ビタミンEを 一緒に与えましょう。
・鶏の骨
鶏の骨は鋭く縦に割れるため、喉や消化器官に刺さって傷つけることがあります。
・かまぼこ
魚の加工品なので猫は喜んで食べますが、塩分が強すぎます。
・かつおぶし/海苔
少量なら問題ありませんが、マグネシウムを多く含んでいるので大量に与えると尿結石の素になります。
・ミネラルウォーター
人間に良いとされている水なので、猫にもよさそうに感じますが、カルシウムやマグネシウムを多く含んでいるため(特に海外の製品は)、尿結石の素となります。
・ドッグフード
猫には、犬の二倍の脂肪とタンパク質が必要です。また、アルギニン栄養素も必要で、犬にもこの栄養素は必要なのでドッグフードにも含まれてはいるものの少量であるため、猫には足りません。猫に一番大切なタウリンは、犬は体内で合成できますが猫はできません。タウリンが不足すると失明したり心筋症などを引き起こしてしまいます。その他にも犬は体内で作れるのに猫は作れないというものがいくつかあるため、ドッグフードだけを与えていると栄養障害を起こします。
犬と猫は同じ肉食動物であり、人間に猫と同じようにペットとして飼われているため、何となく猫と同類のように思われがちですが、犬と猫とは本来全く違う動物です。つまり、猫に鷲の食べ物を与えてもいいですか?と聞いているのと同じと思えば答えはおのずからNOである事が分かると思います。
・ねこまんま
いわゆる、残りご飯にみそ汁をかけたものですが・・・肉食動物に植物を与えている上に塩分が強すぎますので、論外です。
>>>参考:「猫にイカを食べさせると腰を抜かすか

ペットとして飼育している猫の健康管理は飼い主さんの役目であり義務であると思います。
正しい食餌を与える事で避けられる病気は沢山あるはずですので、ほんの少し気をつけて、可愛い猫ちゃんには一日でも長く健康で長生きしてもらいましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。