こんな状況でも離婚じゃない!?

文面
ちょっと待って!その離婚届
離婚カウンセラーの岡野あつこです!「こんなのって、離婚ですよね!?」そう言って怒りと憎しみと悲しみがごちゃまぜになった状態で駆け込んでくる相談者―。離婚か、このまま結婚生活続行か、この判断基準は人それぞれ。とはいっても、夫婦間の問題で、誰にも相談しないでひとりで悩み続けていると、いつの間にか、「離婚しかない」という極論に行き着いていることがあります。

そんなとき、第三者の意見を取り入れたり、ちょっとした気づきを得ることで、自分自身の考え方や気持ちが180度変わることも―。離婚か、修復か、究極の選択場面を迎えたときの気づきのヒントを提案してみます。

■離婚か? 修復か? 気づきのヒント
  • パートナーが愛人をつくり外泊するようになっても?
    土日だけでも帰って来るなら修復可能
    仕事だと嘘をついているうちは修復可能
     
  • パートナーが家庭を顧みなくても?
    家に給料を入れているなら修復可能
    仕事に打ち込んでいるのなら修復可能
     
  • 会話がなくても?
    パートナーの作った食事を食べているなら修復可能
    家に帰って来るなら修復可能
     
  • 別居しても?
    メールの返事もあり電話も出るのなら修復可能
    子どものことを気にかけているようであれば修復可能
     
  • パートナーが離婚をしてくれ、と言っても?
    パートナーの親がコチラの味方になっているのなら修復可能
    パートナーがコチラの親に敬意を表しているうちは修復可能
     
  • パートナーが給料を入れなくても?
    自分にも生活に困らない程度の収入があるなら修復可能
    自分は実家に戻っており当面の生活に困っていないなら修復可能
これまでは普通に暮らしてきた夫婦が、初めて何らかの危機に陥ると、「こんな状況じゃ、もう離婚以外道はないのかも知れない……」と思い込んでしまいがち。でも、私から言わせると、そうではないのです。

長い夫婦生活を送る中で何度か、もしくは何度でも、夫婦には危機が訪れます。この危機は慌てて離婚に解決を求めることをしなければ、いつかは乗り越えられるケースの方が多いのです。離婚したくない気持ちがあるのなら、どんな状況にも打ちのめされず、負けることなく、慌てず騒がず落ち着いて対処していきたいものです。

→夫が土下座して「離婚してくれ」と言っても?